2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ビジネス

生産計画

日本の生産計画は大日程、中日程、小日程と3種類の計画を立案活用されることが多い。

それに対しMRPなどのシステムで対応するには、基準生産計画やスケジューリングという言葉が使われる。

双方を整合化・整理すると次のようになる。

①大日程計画とは6ヶ月から1年半の計画期間を対象に、月又は週の単位で作成し、毎月見直しされる。

これを全工場で立案し、人員計画や在庫、労働力レベルの設定に使われる。

累計需要予測曲線をもとにしてに生産計画を設定していく。

その際に平準化やバランスを取って計画されることになる。

これは全般的生産計画とも呼ばれる。

②次に中日程計画とは3ヶ月程度の期間の日別の計画を立案し、毎月又は2週間ごとに見直しされる。

そして工程毎に製品仕様(大区分)毎に設定される。これに相当するのが基準生産計画であり

MRPを活用している工場ではマスター生産計画と呼ばれ、これをもとに部品展開、手配等が行われる。

③小日程計画とは、7日から10日程度の期間を対象に日単位の計画を立案し、毎日見直しされる。

各ステーション毎・作業者毎の製品別の生産作業順序計画であり、これがスケジューリングに相当する。

このように言葉が重複しているので、頭を整理しておきたいものである。

ちなみにトヨタ生産計画では、

①年間生産計画(1か月単位で1年間の計画)、②月次生産計画(1日単位で3ヶ月の計画)、

③旬間生産計画(1日単位で7~10日の計画)、④組立順序計画(2日前の確定計画)を組まれる。

月次生産計画の中で、3ヶ月前、2ヶ月前は内示計画、1か月前に確定されこれが基準生産計画となり、

これを使って部品展開し、部品メーカーへの納入内示情報が作成される。

そしてこれと実際の発注量との誤差が10%以内に保たれる。【これが素晴らしい!!】

現実には3%前後で推移している。(実測値)

これが維持できることがトヨタ生産システムが優れていることで、

模倣している自動車会社ではまねができない!!!

車の生産プロセス

乗用車の生産は、本体のモノコックボディにエンジンやミッションなどを組込んでいく

その為に長い組立ラインを有していることが多い

一方でトラック等はボディオンフレームという方式で組み立てられる

キャビンや荷台などのブロックをそれぞれ組み立てておき最終的にはしご状のフレームに載せていく

従ってキャビンの組立てライン、エンジンの組立ライン、ミッションの組立ライン、荷台の組立ライン

などのそれぞれのブロック組みたてのサブラインとそれらを一体化する総組ラインが複雑に組み合わされる

一般には複数階のラインが組み込まれるようになっている

同じ自動車でもこのようにボディの構造により組立ラインが全く異なるのが特徴である

組立方法と製品構造は常にこのように特別な関係がある

つまり設計者は生産方式を考えられる能力が求められるのである

大変であるが、設計者は万能の能力をもて!!!

頑張ってほしい!

競争力とは・・・

いつまでもコロナの話ばかりなので、コンサルらしい話も入れましょう

企業の競争力を藤本先生が次のように定義している

競争力には情報を受ける側(消費者側)の要素と情報を発信する側(企業側)の要素がある

前者を顧客から見えるところで評価される「表層の競争力」といい

後者の企業の現場に近い所で作用する「深層の競争力」という

マーケティングの4Pは「表層の競争力」であり、これを基に消費者は購入品を選択する

そして生産管理のQCDFは「深層の競争力」に相当する。これにより長期間のCSを獲得する

この際に「深層の競争力」は、結果的に「表層の競争力」を支えるように働く

トヨタが強いのは、深層の競争力としてのQCDFに支えられ

4Pの強さを総合的に持っているからである。

この複合化した競争力を長い期間を通して強化できるようにすべきである!!

ニューノーマル時代の過ごし方

ようやくビジネスが動き出した

一方で通勤電車は以前と比べて、だいぶすいている

以前ならすし詰め状態だったのが、隣の人と肩が触れない程度にすいている

これなら安心して通勤できる

また窓を開けているので気持ちも良い

エアコンを掛けながら窓を開けているので、これから暑くなるとどうなるか心配であるが・・・

打合せもマスクをしていると口の周りが汗をかき、30分としゃべれない

あたらしい過ごし方を模索しながらの夏になりそうである

ビジネスの基本

令和の年を迎え、ビジネスの基本を整理してみた

まずは自分の姿勢

1.信用、信頼される会社(個人)になる

2.付加価値の基本となる技術力の蓄積に励む

3.働くことの美を認識する

次に周りへの姿勢

4.お客様を大切に思う

5.協業する企業、担当と同じ視点に立ち行動する

6.皆と頑張り、喜びを共有する

これは何もビジネスや個人のみではなく国の姿勢でも同じであろう