映画・テレビ

日米戦争

今日は日米開戦、真珠湾攻撃の日である

その引き金となったハルノートの原案はロシアのスパイ ハリーホワイトが作ったとのこと

アメリカと日本は暫定調停案で戦争回避が可能な状況であった!

それをロシアはドイツとの戦争から日本を満州から排除したい・・・

中国は日本を中国から排除したい・・・

これらの関係からアメリカと日本の妥協を防止したという

結果的に日本が呑めないような条件をハルノートに盛り込んだ

ハルノートで示したような厳しい要望をだせば日本は呑むと判断した

アジアの人種を甘く見ていたこともあろう

アメリカと日本は戦争をする必要はなかったにもかかわらず

周りの国々の情報操作により引き込まれたような戦争である

NHKスペシャルから

アバター

先日映画アバターを見た

3D映画ということで期待した通りのきれいな映像であった

しかし内容はシンプルで、外の星の鉱物資源を確保するためにその住民と争うという内容、その住民側に主人公が入り・・・・・

この映画を見て、まさしくアメリカの歴史という感じがしてきた。

日本に対する黒船騒動、太平洋戦争前後のアジア戦略、ベトナム戦争、最近のイラク戦争、アフガン戦争・・・・どれをとっても同じ内容の戦争としか思えなくなってきた。

彼らの基本的な考えは、自分たちが優秀な人種で、周りはすべて劣等な種族であるという考え。そのためには、自分たちが全人類を支配し、また世界の警察たるべきという思想そのものである。

これが狩猟民族そのものの考えであろう!

日本が戦争して勝てない相手である。つくづくそう感じた(少し突飛過ぎかな?)

オリンピック開会式

13日にバンクーバーオリンピックの開会式が開催された

凝りに凝った開会式であったが、なんとも間延びしたものである

おまけに待ちに待った聖火の点灯後は終わったのか終わらないか分からないような勝手に散会・・・・

なんともしまりのない開会式である

それをばかみたいに見ていた自分を反省してしまった

なんんとももったいない時間であった・・・

皆様もそう思いません?

世界中でどれだけのひとが無駄な時間を過ごしたかと思うと・・・・