旅行・地域

ホテルの空調

仕事柄よくホテルを使うが、空調の良いホテルはなかなか少ない

約1年通った和歌山のホテルは、ひどかった

冬は暑すぎ、夏は冷え過ぎで、寝るときに切らないと病気になる

冬はTシャツを着こみ、夏はシーツを巻き付けて温度調整

これでは翌日の仕事に響く

何とか緊張感もあり大丈夫だったが

先週は家族で2か所ホテルを使ったが両方ともひどかった

のどが腫れ上がっている

温度調整をすればよいというものではない

湿度も適温調整もできるホテルは少ない

ホテルとはどうあるべきかを真剣に考えてないとしか思えない

苦情ばかりである!!

久しぶりに伊豆へ

1年ぶりに伊豆へ旅行へ

仕事柄あちこちへ行くことは多いが、ホテルと顧客のところ以外はあまり回らない

どこへ行っても変わり映えしないで、その土地の有名どころを知らない

今回は久しぶりに仕事を忘れて家族旅行であった

非常に天気が良くて気持ちよかった

沼津インターから降りたら新しい伊豆縦貫道ができており、間違ってそちらに入った

数年前のカーナビで道なき道を進んでいったら、あっという間に修善寺である

以前は沼津市内を抜けるのに混雑したのがうそのようである

これで伊豆への移動も非常にスムースである

気持ちの良い旅行であった・・・

びっくりした!

先日仕事からの帰りの飛行機に雷が落ちた

右翼に突然「ガン」という音と振動・・・

何事かと思ったら機内放送で「雷が落ちました」

「飛行には影響ありません」

そういわれても怖いですね

数か月前には、羽田に着いた飛行機に雷が落ち

そのための点検に2時間かかり

結果的に飛行機を変更するとのことでさらに1時間

動き始めたと思ったら乗客の気分が悪いからとまた引き返し

その結果、油が足らなくなりそうとのことで、給油まで必要となり

なんだかんだで大幅遅れ・・・・

安全第一であるが、その時は本当に参った・・・

ただ今回は時間通り無事羽田に到着した

やれやれ!

天に向かって走れ

駅前の気に入っている彫刻の一つである

勝手につけた名前が、「天に向かって走れ!」

どこかで聞いたようなパクリであるが元気のでる姿である!Photo

これはどこの町の駅前か?

想像を働かせてください・・・・

鬼太郎ロード

先週久しぶりに帰省した

場所は鳥取県境港市、最近は水木しげる氏の鬼太郎で有名になった。

観光で150万人もの人が訪れるようになったそうである

ここに正福寺というお寺がある。

ここに水木しげるさんの妖怪画の原点とされる六道絵、地獄絵3枚、極楽絵を描いたものがある。水木しげる少年がのんのんばあによく連れられて行った。「オレは、この絵によって別の世界の存在というものを知った」と言われている。

近くに行かれた方は一度見てみて欲しい。
また正福寺のホームページで、この六道絵、地獄絵、極楽絵がごらんになれる。