学問・資格

ポータブルスキル

人材サービス産業協議会の作成したポータブルスキルとは、

1.現状把握スキル:課題設定に先立つ情報収集方法、内容、分析、不確実要素把握力等が評価される

2.課題設定スキル:設定する課題の内容立案力等が評価される

3.計画立案スキル:計画の期間、メンバー、調整、成果等の設定力等が評価される

4.実行スキル:自身の役割、日程管理、関係者、障害、成果等が評価される

5.状況対応スキル:柔軟対応、予測力等が評価される

6.社内対応スキル:指示に従う必要性、提案を求められる程度、役割等が評価される

7.社外対応スキル:顧客、取引先、対象者の数、関係継続性、難易度等が評価される

8.部下マネジメントスキル:部下の数、評価、指導、育成等が評価される

これが今後のホワイトカラーの持つべき重要なスキルだそうである。

特に計画立案と実行のスキルを磨いておくことが大切で

中高年のこれからの生き方につながる

業種・業態に依存しないで生きていけるスキルである!