« 埼玉のお米が特A | トップページ | 桜 »

自信の有無

オリンピックで勝つためには自信を持たせることが重要だといわれる
しかし
自信に満ちた妄想は何かを達成するには役立つが、何かを変革するのを困難にする
ともいわれる。
企業活動を進める上では、確信がないときの方が新しい考えを柔軟に受け入れ、受動的にも能動的にもアンテナを広く張って、新たな情報を求める。
逆に自分の力に自信があるときは、それほど注意を払わなくなる。その必要がないと感じるからだ。
放漫さは災いをもたらすのである。
人は謙虚になるべきである。
自信が不足すると人は悲観的になるが、悲観主義が野心とコンビを組むと目覚ましい業績を生む!
ネガティブなことも意味があるのである。
 

« 埼玉のお米が特A | トップページ | 桜 »

心と体」カテゴリの記事