« 食品産業にみる問題 | トップページ | 企業業績と経営者のサイン »

製造業にみる強さとは

前回食品産業での問題はお母さんの愛情がないことだといった

日本の製造業の強さ(今はそんなに強くないかもしれないが・・)の秘訣はそこではないかと感じる

ものづくりの強さは、匠の世界に通じるもので、匠の人達への尊敬が基盤にある

物を通してお客様への貢献をしようという日本の文化

食品工場では愛情が必要といったが、仕事に対する愛情が強いから良いものができるのだろう

品質の良さなどはまったくそのように感じる

いい加減に作るということは、顧客の顔が見えず、顧客への愛情がないからだろう

いま製造業の日本回帰の動きがあるが、その際にはぜひ愛情を注いでものづくりをしてほしいものだ

そのように作られた商品は絶対に顧客に喜んでもらえるはずだ!!!

製造業の復活のポイントはここにある!

« 食品産業にみる問題 | トップページ | 企業業績と経営者のサイン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事