« 2015年元旦 | トップページ | お客様は神様ではない »

そもそもと言われた時は・・・

問題解決活動において、自分がやっていた仕事に対し、

上司が「そもそも」という疑問詞を投げかけられたときは赤信号である・・・

例えば、「なんでそんなことをしているのだ、そもそも君に指示したのは・・・・」という場合だ。

自分が問題と思っていたことが実は上っ面のことでそれよりも深いところにある何か、

真の問題をどうにかしてくれというのが上司の思いだった場合、

このような問題が起きる。

多くの問題解決が難しいのは、問題は埋もれているからで、

こうした認識の違いは視点の高さの違いによって起きる。

自分がどのレベルから問題をとらえるかにより、

認識できる問題とその為の解決方法が変わってくる。

今年はアベノミクスで大きく経済環境が変わる可能性がある。

出来るだけ高い視点で問題解決に取り組んでほしい・・・!

« 2015年元旦 | トップページ | お客様は神様ではない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事