« お客様は神様ではない | トップページ | テロとは »

サッカーとテニスにみる違い

サッカーアジアカップは予選リーグの強さに対比し、トーナメント戦での無様な敗戦

あんなに攻めていたのに、1点しか取れない

UAEはあっという間の得点なのに、日本は必死になってあの状態である

最後はPK戦でエースの二人が失敗・・・

だめだこりゃと言いたい

一方でテニスの錦織の状態を見ると相手に1セット取らせて

その後の怒涛の勝利

まさしく横綱相撲的な勝負である

サッカーのようなドンデン返しが少なく、実力の明確に出る協議ではあるが

戦略的なものの違いのような気がする

なにも考えてないように感じるのは自分だけか?

「以前より強くなっている」という本田の発言が空しく聞こえる・・・

ブラジルの反省が全く生かされてないのではないか!

« お客様は神様ではない | トップページ | テロとは »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事