2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

シラサギの舞

シラサギの舞を近くの田んぼで集団で見かけた

140825_1635221_8ぽつんと稲の植えてない田圃でシラサギとカモが仲良く泳いでいた。

盛んにえさを取っているようだが、果たしてえさとなる土壌やら魚がいるのか?

除草剤やらわけのわからない農薬をばらまいており、見た目ではアメリカザリガニだけしか生き物が見当たらない

せめて天然記念物でもいれば農薬制限をかけてくれるのだが・・・

最近の百姓は草を鎌で狩ることもしないで徹底的に除草剤である

おかげで昔は見かけた蛍もバッタもイナゴもドジョウもなにもかもいなくなった

おまけに散歩する犬まで農薬のために死んでしまいそうである

はたして人間は・・・?

手抜きをするのはやめようではないか!

草ぐらい自分の手て買ってほしいものである!

このシラサギも死なないで元気に育ってほしいものである!







韓国経済沈下

サムソン、現代、ポスコらがそろって失速と週刊ダイヤモンド

企業業績が悪いにもかかわらず組合はストライキ・・・

これでは業績回復できるわけがない

当たり前のことがわからないのだろうか?

韓国は・・・

産経新聞の加藤支局長を韓国の検察が名誉棄損で告発とのこと

もともと韓国の新聞の紹介の記事なのだから先にその韓国新聞を名誉棄損したらよい

完全に日本たたきのようだ

こんな国では活動自体ができなさそうである

新聞も会社も国もすべて韓国から引き揚げたほうがよい

正常な活動が難しそうだ!

風邪をひかないように

急に寒くなってきた

半袖ではきつい

久しぶりに上着を着よう

このような季節は体調管理に十分気を付けて

体が第一です

体調は崩してみて初めてその大切さを実感するものです

常に危機意識をもって過ごしましょう

企業と同じ

企業以上に体は大切です

お互いに気を付けましょう

理研の笹井さん

理研の笹井さんが自殺された

非常に大きなショックを感じた

そこまで追い詰められていたのだろう

なくなって初めていろんな話が出てきた

それまでは小保方さんと笹井さんを徹底的に批判しておいて・・・・

それはないだろうと思う

いろいろコピペの批判もあるが

彼らだけの問題ではなかろうに

だれが責任をとるのか

出てこい責任者!

エボラ出血熱

恐ろしいエボラ出血熱が徐々に世界へ広がっている

医療従事者のみでなく、アフリカへ出かけたビジネスマンが帰国後に発症しているようだ

従来人間が入らなかったジャングルに入り

従来人間が接触しなかった動物に接触したり、食べたり・・・・

やはりやってはいけないことをやったのだろう

もっと自然を尊重し、恐れ、共存するという

日本的な行動を全世界の人々へ伝えるべきか

さらに日本人の衛生感を世界へ伝えるべき

そう思ってしまうニュースである

福島みずほよ

朝日新聞の慰安婦訂正を受けて

あれほど意気盛んだった福島みずほ氏は何も言わないのか

彼女も訂正を発信したらどうか

どうも主義主張に責任感が欠けているようだ

その時その時のテーマにのって話すだけか?

今度はブラック企業批判だそうな

対策は必要であるが

彼女の話だけは聞きたくない!

中国の汚職

中国で汚職による逮捕者が大変な数であるという

このようなニュースを聞くとやはりまだまだ後進国であると思う

そして共産主義の国のどうしようもない実態に恐ろしささえ感じる

人間の欲望そのものである

周りも自身も自制心がない

やはりサムライの心が必要なのであろう

そのような道徳教育が本当に必要なのだろうと思う

いくら逮捕しても石川五右衛門の世界で

汚職の種は尽きない中国である

日航機墜落から29年

あの日航機墜落から29年の夏である

あの時も暑かった

そして子供たちも小さく、箱根にいた

その帰りの日にニュースを聞いた

その日がまだ昨日のように思い出される

恐ろしい事故だった

しかしその原因は数年前のしりもち事故の補修不良とのこと

人災である

安全は少しの手抜きや間違いで一気に破壊される

常に心しておかなければならない教訓である!

朝日新聞よ

朝日新聞が従軍慰安婦の記事の訂正を30年以上たちようやく訂正した

それが遅すぎた、言い訳じみている、まだ不十分・・・

もっともだ!

それほどマスコミの力は強いし、影響も大きい

朝日のせいで中国、韓国との問題が起きたといっても過言ではない

まあこれがなければ違う問題を引き出して同じことをしたとは思うが

それにしてもないものをあるがごとく言われ、世界中に日本批判をされてきた

それに対し、あくまで仲良く、相手を怒らせないでという外務省の能無し

その相乗効果がサムライ日本をここまで貶めた

企業戦士はその批判の中で必死に頑張り

日本の信頼感を出そうとしているのに

どう見ても非国民である、会社をたためて出直すべいである!

腹を切るくらいの気持ちで明確に謝るべきであろう!!

ゼロ戦よ再び

三菱重工が飛行機を開発した

むかしの技術を再現してほしい

戦後日本の技術を恐れて飛行機の開発を禁止されたが

これから本番である!

世界に誇る飛行機を出してほしい

頑張れニッポン!!

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »