« 従軍慰安婦問題 | トップページ | 春よ来い »

もうすぐ3.11

もうすぐあの3.11が来る

初めて見る巨大津波の恐ろしさが思い浮かぶ

しかしその日は、遠く岡山にいたこともあり、何もわからず右往左往した

結局新大阪で一夜を明かし、翌日東京に帰ってきてその被害の大きさに驚いた

この現代において情報のなさに振り回された

さらに被害地では津波からの避難が遅れ多くの方々が津波にのみこまれた

さらに避難のまずさで放射能を浴びてしまった方々も多くいた

なぜこうも情報が伝わらないのかもどかしい

戦時中の話ではないはずなのに、そのころから格段に進んだように見えないのはどうしてだろう

あれから3年たとうとしているにもかかわらず、同じような災害が起きた時に

はたして素早く対応できるのだろうか?

心配になってしまう・・・・

浜岡原発も大きな壁で囲っているようであるが、果たして同等の津波が来たときに

防ぎきれるのだろうか?

どうも心配でしょうがない・・・

自然災害を甘く見すぎてないか?

日本人は自然と共生していたはずなのに、自然を制御しようとしているようである

あぶないあぶないあぶない・・・・

« 従軍慰安婦問題 | トップページ | 春よ来い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事