2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

サッカー日韓戦

昨夜のサッカー日韓戦はなでしこのイライラがすっきりである

若手の成長、地力の差を見せつけられた感じだ

それにしてもいつまでたっても彼らの狭い心にはあきれ果てる

作られた歴史しか知らない民族の悲しみを見るようである

醜い行動はやめにしたほうがよい

最近は南も北と同じように見えるのは自分だけか?

ブルーオーシャン、レッドオーシャン

まだ生まれてない市場、未知の市場空間すべてをブルーオーシャンと言い、ブルーオーシャンを創造する戦略のことをブルーオーシャン戦略という

一方で競合がひしめく市場をレッドオーシャンと言い、レッドオーシャン戦略とはそのような市場でビジネスを展開する戦略を言う

ブルーオーシャン戦略では、敵のいない市場を見つけ出し、その市場を開拓していき、大きな利益を得ることを目指す

しかしどんな市場もやがては競合が参入し、レッドオーシャン化してくることを想定しておかなければならず、市場が成長し活性化するためには、健全な競争が存在しなければむしろ衰退すると考えるべきであろう!

国民情緒法

韓国の司法は法解釈を厳格に適用するだけではなく、国民感情も配慮すべきだという

これを国民情緒法というのだそうだ

これに従えば、外国との取り決めも簡単に破ってよいということになるようだ

戦後の個人補償の問題も解決済みとなっているが、国民がそうではないといえば未解決となるようである。

これでは約束事の契約も何もあったものではない

こんなことをしていては、外国から信用されなくなると思うのだがいかがか?

今後韓国とどう付き合っていけばよいのだろう・・・・

なでしこ

なでしこと韓国のサッカーは何ともだらけた試合であった

こんな試合をしていてはワールドカップなど遠いものであろう

女子の試合なのでしょうがないが、攻めが単調すぎる感がする

パスもいいが、もっともっと攻めなければ点は入らない

頑張れニッポン!!

サムソンの復活

サムソンの株価低迷の話は前回書いた

先日ある大学の先生の話を聞いた

ダイレクトにサムソンとは言わなかったが

ある韓国の大手企業の方が、「日本のあのすごい会社がなぜ潰れたのか聞きたい」と来たそうだ。

我々は一時目標に置いていたのがなぜああも簡単に破たんするのか?

その理由を聞き、自社の経営に生かしたいとのこと

それを聞いて、かなり彼ら自身が危機意識を持っていると感じた

その先生は、こう答えたそうだ

「経営の中で最も大切にしなければならないことを、そうしなかったからだろう」

そのもっとも大切にしなければならないこととは、何か?

皆で考えようではないか!

それこそが経営者自身が考えることであろう

他人に聞く話ではなかろう・・・・

サムソンと韓国経済

サムソンは過去最高の利益を出した

それにもかかわらず株は急落

その理由を各紙は以下のように書いている

1.韓国経済の先行き不安:為替の有利性がアベノミックスにより亡くなった

2.スマートフォンの市場成熟性と中国格安製品による先行き不安

3.アップルの模倣、そのための日本人技術者の活用のモデルの限界

4.自社開発力の不足

これらは日本のたどった道

さらに加えて

5.韓国経済の當の配分の不公平さ

この対策として中国との結びつき強化など・・・

たぶん回復は無理であろう

朴大統領の漢江の奇跡は、日本の支援なくしてはできなかったはず

その娘の漢江の奇跡パート2が日本叩きの状態でできるとは思えない

今後注目していきたい国である!

レース型とゲーム型

バブル以前の日本のような市場全体が拡大している市場をレース型の市場という

ここではオリンピックのように1位、2位、3位と順位はつくが、それぞれの存在感はあった。

それに比べ市場に成長性がなくなると、1位の企業が2位3位の市場まで奪っていくという

弱肉強食の市場に変わる。このような勝組みと負け組に分かれる市場をゲーム型市場という。

レース型の市場では、体力がものを言うが、ゲーム型市場では、どんな手を使って勝つかのやり方が重要となってくる。今の日本ではこのような戦略をもって戦わなければならない。

そこには勝つための原理がある、それは

競合局面における敵と味方の力関係によって勝敗が決まるというものである。

局面でどう勝つかを考えることが、最後の勝につながるということである。

市場で勝つには、全体的な力関係で判断するのではなく、自社が勝負すると決めた市場において勝つための戦力を投入することである。

酷暑と大雨

今週は関西や関東では酷暑で、そのせいかどうかわからないが、JR西日本の急行が行も帰りも遅れっぱなし

北の方は雷、大雨や急病人やらでこちらも遅れっぱなし

仕事やら移動やら振り返ると移動の時間の方が長い・・・

暑さや雨の異常気象で人も機械もかなり疲れている

新聞によると暑くなると経済が上を向くなどというが

問題対策での経済では困る

ボーとしていないで、集中力を保って良い仕事をしましょう!

夏は天気が変わる

先週はあちこちで大荒れであった

電車は止まるし飛行機は遅れるし・・・・

移動のたびに8時間以上かかっていた

これでは仕事をしているのか移動しているのかわからない毎日である

さすがに疲れた

これからの季節はこんな状態がたびたび起こるのかと思うと心配である

何とか大荒れにならないように祈るだけである・・・

選挙

参議院選挙の時期になった

自民党、公明党が優勢とのこと

当たり前と言えば当たり前で

先の民主党の無能さを見せつけられたらしょうがない

やはり素人政治家は批判はするが実務能力はないと皆が認識したようだ

その問題認識を民主党やその他の野党は認識しなければならない

これでは政治不信どころか政治離れになってしまう

もっと勉強しなければならない

実務実施能力を勉強したうえで必要な政策を考え実施させる力が必要であろう

それがあまりにもなさすぎる

鳩山さんなどは、完全に自分の意志を持たないで中国に利用されている

もっとみんなが勉強して良い意味での討論をしてほしい

プロなのだから・・・・

期待したいものである・・・・が・・・

梅雨明け

昨日関東では梅雨明け

急に暑くなってきた

部屋の中で32度くらい

今朝など31度である、朝なのに・・・

一日中エアコンつけっぱなしである

これではまた電力の心配が出てきた・・

夜ぐらいは涼しくなってほしいものだ

皆様も体調に気を付けて!

富士山世界遺産

富士山が世界遺産登録と山開きでどこのテレビも特集ばかり・・・

それにしても人の多いこと

溶岩のせいなのか黒い山肌であまりきれいではないという印象

やはり富士山は遠くから眺めるのがよい

美保の松原ではないが遠くから見るから素晴らしのだ

世の中意外とそんなものは多い

部分ではなく全体像で美を認識するのは悪くない

企業や経営でも同じかもしれない

全体の結果をよくするには日々の苦労や悩みや頑張りがあってのこと

アヒルの水かきは人には見せなくて良いのだ

その日々の努力が全体を美しく見せるのだ

さあ我々も頑張ろう!!!

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »