2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 東京駅 | トップページ | 企業の健全性の管理 »

企業の収益性の管理

経営が最初に考えるべき点は、投入した元手でいくらの利益を生み出したかである。
 
自社の元手を使ってどのくらい効率的に利益を出したかという企業の収益性・事業の効率を
判断する指標を総資本利益率(ROA=Return On Asset)という。

  総資本利益率(ROA)(%)=(税引前利益/総資本)*100
   =(税引前利益/売上高)*(売上高/総資本)100
   =売上高利益率*総資本回転率

この指標を使うことで、企業の改革支援の方向性が明確になる。

つまり企業は最少の資本で最大の利益率を追求することにある。

最少の資本とは、企業経営のために必要な外部調達費用(自己資本も含む)である。

常にこれを頭に入れて経営をマネジメントする必要がある!

« 東京駅 | トップページ | 企業の健全性の管理 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事