2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

シンピジューム

我が家のシンピジュームが寒い中満開となった

友人からもらった株がいつの間にか4つに増え、毎年きれいに花をつける

この花は意外と毎年花をつけてくれる

寒い今の時期、きれいに咲いてくれると心が和む

Cimg0159_2

皆さんにも寒さを忘れるようにおすそ分けです・・・

天に向かって走れ

駅前の気に入っている彫刻の一つである

勝手につけた名前が、「天に向かって走れ!」

どこかで聞いたようなパクリであるが元気のでる姿である!Photo

これはどこの町の駅前か?

想像を働かせてください・・・・

セミナー

先日セミナーの講師をしてきた

セミナーと言っても一方通行ではやはり面白くない

初対面の方々ではあったが、色々とお話をさせていただいた

それぞれ様々な企業から、様々な部署の方の参加であった

皆様それぞれ目的をもってこられた方々であり

お話をしていてこちらも楽しく過ごさせてもらった

この場を借りてお礼を言いたい

フルに一日のセミナーであった

講師としては満足いただけたのだろうかと心配であったが

笑顔で変えられたのでまず一安心である

またの機会にお会いできることを期待したい

皆様頑張れ!!!

インフルエンザ

このところ学校でインフルエンザが大流行だそうだ

団体生活で感染するのは分かるが

親としては心配である

この前の大川小学校の件ではないが

安心して学校に行かせられないようである

今はウイルスを殺すエアコンのようなものがあるが、そういうのは有効ではないのか?

子供同士でも咳エチケット、換気、早めの休校等々あるはずである

一番大事な子供からかかるというのは問題である

すぐに手を打つべきと思うがいかがか?

コダックにみる事業展開

コダックが倒産というニュースは予想されたといえやはりショックであった

事業の根幹技術が変わったとはいえ、フィルムに集中しても無理な努力であった

自らの技術開発で自分の首をしめる・・・皮肉な結果である。

この責任はまさしく経営者の問題である。

自社に対応する技術がなかったわけではなく、先頭を走っていたのだから・・・

少し一般的な新製品の開発視点を整理してみよう

1.既存市場の中での展開

  1)既存市場の強化育成・・・機能性能アップやバリエーション拡大

  2)既存商品の関連市場への展開・・・新顧客、新用途開発

2.自社技術応用・・・製品設計、素材、生産技術、総合技術の応用での新製品開発

3.販売力の応用・・・顧客への新たな商品提案、保有ルートの活用、ブランドの活用

4.顧客のシステム対応・・・既存商品での展開、受注型特殊製品から汎用製品での対応、顧客ニーズへの幅広い対応等々

このように様々な展開があり、各社必死に次の市場を開拓している

コダックの場合は、自社で技術開発したデジタル化の技術を甘く見てしまったことか、または長い歴史のフィルムの成功事例に酔ってしまった結果か・・・・

残り物に福があるというが、フィルムからデジタル化への展開はあまりに大きかった

そのもっとも大きなものは現像の手間がなくなるという顧客の期待の大きさであろう

真の顧客ニーズをおろそかにしたことであろう

また技術の進歩により、フィルムレベルのデジタル写真がここまでできるとは思わなかった経営者の甘さもあろう

やはり技術者と経営者の間のギャップの大きさに今更ながら驚く限りである

ダルよ

ダルビッシュ有が80億以上の費用でレンジャーズへ移籍

松坂よりも高額で決まった

何とも派手な金額が飛び交っている

それにしても日本球界がまたしてもさみしくなる

おのぼりさんのようにみんなアメリカへいく

いい加減にしてほしいね

丸京製菓

鳥取県米子市に丸京製菓という和菓子屋さんがある

この地方都市(実はわがふるさと)にこんなすごい社長がいたとは驚きである

2代目社長で34才で社長就任された

自社ブランドのどら焼きを海外まで輸出している

一度食べてみたいものだ

徹底的に社員教育を行っているそうだ

こんな会社は頑張ってほしい

乾燥注意報

このところ関東は一か月以上乾燥の日が続いている

そのせいでインフルエンザが猛威を振るっている

怖くて人ごみには行けない感じである

マスクだけは必需品である

また咳のエチケットはしっかり守ってほしい

みんなで気持ち良く過ごしたいものである

皆さんも気を付けて!

芥川賞

芥川賞の受賞の田中氏の大胆な発言が記事になる

受賞して当たり前とか不機嫌とか・・・

どうでもいい話であり、作品を議論してほしい

石原都知事が審査委員を辞めるとか

いまさらと思う

やめたければやめればよい

どうでもいいけど毎年受賞作を読んでいるが

確かにつまらないものばかりという印象である

読んだ後の感動も何も感じないものが多い

私も変人かな?

Mプロジェクト

日本電産の永守さんの利益の出せる企業改革として、KプロジェクトとMプロジェクトがある

Kプロジェクトはコスト削減プロジェクトであり経費の徹底削減

Mプロジェクトは購買費削減プロジェクトのことで購入先にまけてもらうプロジェクトという

まけてもらうのMだそうだ(笑)

その中心は複数の調達先をまとめることで量のメリットを出して購入価格を下げる

より安い資材を探していく

徹底的に商談していく

あるいは設計、生産方式を見直し少ない部材で製造できるようにする

また不良率を50PPMまで下げる

在庫は0.4か月以下にする

一人あたりの生産性を月100万円以上の付加価値とする

これらを徹底して赤字会社を一気に黒字に持っていく

とにかくできるまでやる

これが成功の秘訣である

北朝鮮はどこへ行く

北朝鮮が金正恩体制に代わって、アメリカに米を要求したそうだ

アメリカはそれを断って栄養補助食品の支援のみの回答をしたとのこと

いつまで北朝鮮はこんなことを続けるのか

瀬戸際外交とやらで脅しで支援をうけるという将来の見えない方法を・・・

いい加減にしたらどうかと思う

普通の経済活動を行い、先の見える外交をしたほうがよっぽど国民は幸せだと思う

この寒い季節、電気もガスも、食料もない中・・・・

若くて外国生活も長いトップであるはずが、変われないのかな

不幸なことだ・・・

正月

正月を様々に過ごされていると思います

私事ですが、2日に小学校の同窓会に参加した

故郷を出て長く、半世紀(近く?)ぶりに会う人もいて最初は自己紹介から・・・・

人間の顔は歴史を示すというように、様々に変化しているものだとしみじみ感じた一日であった・・・・自分の顔はよくわからないが・・・・

それぞれの人生は平坦な方から山あり谷ありの人までで、話を聞いていて楽しかった

すでに引退をしている人、まだ頑張るぞという人、これもさまざまである

ただ一般にやはりというか女性陣は元気である

これからの日本は女性が引っ張るのではと感じた一日である

男性はまだまだもう一回りする気概を持たないと!!

みんな元気で今年を頑張ろう

まだまだ先は長いぞ!

また元気で逢う日を楽しみに!

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます

皆様には良い新年をお迎えのことと思います

あいにく初日の出は関東では見ることができなかったですが

すこし雲の切れ目もありそうな一日です

今の日本を象徴しているような元旦です

昨年は大震災や原発の事故、円高や株安、消費税議論等々

厳しいことや、将来への不安が次々と出てきた年でした

ただ生きている限りこのような問題は当たり前と考え前向きに行きたいと思います

我々日本人は過去にもこれ以上の経験をくぐり抜けてきた強い民族である

世界との競争もさらに厳しくなりそうです

日本では人口減少であるが、世界では人口爆発・・・

視点を変えることによりいくらでも生き抜くことができる

成長路線に乗せられる経済界でもある

新しい年、希望を持って頑張りましょう

明日はそんなに悪くないはず!!!

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »