2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

復興特需

仙台が復興特需で沸いているようである

安堵や不安が買い物に走らせているとのこと

この傾向はまともな動きではない

明日どうなるかわからないから、ほしいものを買ったという女性もいるようで

先の見えない不安ばかりが先行している

一方でほとんど手も打てない中で消費税のみ議論が進む

政治家というものはどこまで・・・・・

その先の言葉が出ない

年金も出せないから企業へ強制的に雇用させる

パートや派遣も厚生年金で企業に肩代わりさせるという役人の発想

信じられない

こんなことをやっていると企業がどんどん海外へ逃げる

景気、株、金利、円高等の対策をしないで、これだ・・・

その先に何が起きそうかを考えられないのかと言いたい

馬鹿ばかりである

発想力がないというか、大きな視点で考えられない連中ばかりである

すべてがそうであるように両輪の片側ばかりが議論されている

元気な企業は、成長とコスト低減をバランスよくやっている企業である

当たり前の施策を当たり前にやってほしい

そのような2012年になりたい!

あとわずか

今日は12月30日

家での仕事と大掃除で忙しい毎日である

皆さんも忙しいでしょう

あと一息頑張ろう!!

良い年にしたいものである

来年は辰年

年男である

新たな年を飛躍の年にしよう!!

大雪

このところ日本海側で大雪である

ここ数年すくないこともあり、今回の大雪は大変なようである

ただ新潟にしろ、山形にしろ、もともと雪の多い地域である

それにしても関東にいると雪のない冬であり、雪の怖さを知らない

経済の面でも雪があるかないかで大きな違いがあろう

雪かきのみでも大変な費用と労力である

私の故郷、山陰もかなり振っているようである

今年の正月の帰省は大変なことになりそうである

今更ながら雪国の苦労が思われる

くれぐれも気を付けて

仙台は元気

先日仕事で仙台に行った

驚くほど活気があった

震災の被害もなさそうで街も賑やかである

地元の人は元気いっぱい

でも街を歩いたら、来年の福袋としてトレーラーハウス400万円などが紹介されてた

やはり家をなくした人たちの街である

元気を出してほしいものだ

こちらも頑張ろう

のこり10日

今年も残り10日を残すのみとなった

仕事も数えるほどの日数である

しかし最後の仕上げと来年のスタートダッシュを考えてしっかりやろう!

いろんな事のあった一年である

大震災、原発問題、台風などで帰宅難民、最後は金正日死亡・・・・これからどうなるか?

混乱の年にしないでほしい

良い年を迎えたいものだ

頑張ろう来年も!!!

残りも頑張ろう!!!

継続的に成長するには

継続敵に成長する企業とは常に変わり続けることのできる企業であろう。

そのためには、しっかりした自社の姿を明示し、それをどこを見直しすればよいかを考えることが重要であろう。大きく分けると3つある。市場とチャネルと自社の領域である。

最も身近な自社の領域からみていくと、自社の商品、その価値、ブランド、技術、相対価値等を常に見直し、新しいものにしていくことである。コストダウン、新商品開発等はその代表的な方法である。ただ短期と長期をみた組み合わせのある方法を行うべきであろう。

2点目は、市場の見直し・拡大である。現在の自社の価値や技術からみて対象市場とその拡大の可能性市場、競合とのかかわりから参入市場、絞込み市場等を変化させていく必要がある。この領域検討のは、長期的にみて何段階からのステップを考えておくべきである。海外への展開もこの中に入る。これらは時間のかかることであり、長期的計画に基づいて着実に展開する必要がある。

最後に市場と自社を結びつける商流チャネルである。既存のチャネルだけでなくインターネットを使った新しいチャネル、さらには、強いチャネルとのタイアップ、つまり強いもの同志がいかに手を組むかといった戦略も必要である。

いずれにしても、口で言うのはやさしく、実施するのは非常に難しい。成功事例が足を引っ張っていつまでも変われない企業、体力がなくて変われない企業、危機意識のないために変われない企業等々多くある。企業の30年寿命を超えることのできる企業は、この変化を自ら起こしていく企業であろう。

にいたかやまのぼれ

12月8日は太平洋戦争での真珠湾攻撃の日である

それも奇襲攻撃という結果になってしまったアホな外交の始末

その段階ですぐにやめるべきとも考える

完全にこれでは日本が悪者、卑怯者である

武士道の国ではない

いろいろな外圧もあり、防衛のための戦争というが

結果がこれではやはり賛同は得られない

政治家も官僚も軍隊も当時の人には悪いがこれではだめである

最近、日本の近代歴史が見直される書物が多く出ているが

実態を知れば知るほどやりかたの問題がある

その反省の上に立って今後の政治をすべきである

卑屈にならずに、卑怯にならずに・・・

子供用粉ミルク

先日明治の子供用の粉ミルクにセシュウムが含まれていたとの発表

その原因が工場内で乾燥する際に外気に含まれていた放射能が混在したとのこと

その工場が春日部工場・・・・ちょっと待て

春日部とは自分が住んでいるところではないか

自宅から歩いて10分程度のところに明治の工場がある

ということは、やはりかなりの放射能が飛んでいた・・・・

毎日放射能の値が放送されるが、大丈夫かと心配になってきた

何をいまさらとの思いもあるが、ここまで検査がいい加減とは・・・

第3のエコカー

東京モーターショーは久しぶりで元気である

その中で、軽自動車のエコカー競争が過熱している

ダイハツが30km/リットルで先行したと思ったら

スズキは30.2km/リットルと微妙であるがその先をいく

これらはエンジンの見直しのみでなく

7~9km/h程度に減速するとエンジンを切ってしまう・・・

徹底的に必要な時以外は動かさない

そして徹底的に軽く、さらに車自体を低くして空気抵抗をなくす

まだまだこれほどの改善が可能とは驚きである

コストだけでなく、このような改善は元気が出る改善である

他の業界でも同様に元気を出してほしいものだ

頑張れニッポン!!

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »