2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

足りることを知る

貧なることは苦しいことなれど、心の納めどころに定まりあるがゆえに、苦にせぬように見えるなり

その納めどころというのは、幼きときに聞いた「足りるを知る者は常に富めり」ということなり

心に感謝の喜びあれば、貧しきことも格別苦にならず

貧しきことは苦の世界なりと受け入れて、心の奢りをなくし、家業に勤め実入りを増やして、まず苦の第一の少なくすべし

リスクとは

リスクという言葉には、明日に備えて種をまくという意味がある

現在の問題は、数年前に原因がある

今考えなければならないのは、将来に備えてどんな種をまくかである

泥棒を捕まえてから縄を編んだり

魚が回遊してきてから網を編んでも手遅れなのである・・・

福島原発のように・・・

もう1/3が終わった・・・

もうすぐ4月も終わり、大型連休に入る

あっという間の4か月であった

日本にとってとんでもない2か月であった

季節がよくなってきただけに、つい災害を忘れそうになるが

原発はまだまだ放射能を漏洩し、東北の避難民の方々は体育館棟で避難

ほとんど進展がないように思える・・・・

ところで避難されている方を思うに、なぜいつまでも体育館の板敷に段ボールなのか

簡易ベッド、畳、マットレスなどがあるだけで、睡眠はだいぶ変わるはず

事務所にあるような仕切り板があるだけでプライバシーも守れる

一気に住宅をと言ってもできないなら、武道館から畳を運べばよい

事務所用の簡単な仕切りやドアなど全国から手配すればすぐに持ってこれる

これらのことをなぜ考えないのだろうと思う

被害のなかった人たちが身の回りをみて、少しでも支援できるものがある

それはお金やボランティアだけでなく事務所の備品等は生活に使える

そのことを考えて今後の被害に対する備えもしておくべきであろう

いつまでも水と食料とダンボールでは生きていけない

特に年配者は厳しい

それが避難民がここで生活してみろという気持ちだろうと思う

原発対策の工程表

東電が福島原発の工程表を発表した

しかしその実現のための基本的な方法が見えないため、行程表の信頼度がない

全くない・・・・情けない・・・・

目標としての意味はあるものの、この発表をするなら

どうやって実現するかの案も同時に発表すべきであろう

それも複数案出し、これがだめならこうする等

そのうえで準備を並行して行わないといつまでも終わらない

今までの対策はそのような状況で、一つやると次々に問題が出る

まるで泥縄である

少しくらいは先を予測し、準備してもよいものだ

大学の大先生やいくつもの委員会があるのだから、考えよ!

つくづく今回の原発対応は見てられない

一方で浜岡原発も同じような危険性があるという

すぐに停止させるべきとの社民党の福島瑞穂氏の追求に

わけのわからない回答をしている菅総理・・・・

いい加減にしてくれ

また想定外で責任回避はしないでほしい

責任が持てないならすぐに止めて、何らかの対策を!!

今後地震、津波が来たら本当に日本沈没になる・・・

いつまで続く・・・

今日はまた大きな地震が2つ以上発生

そのたびに電車がストップ・・・

いつまで続くのやら

そのうちもっとでかいのが来なければいいが・・・・

毎日心配のつづく日々である

皆さんも気を付けて

非常時対応を忘れずに・・・

またまたまた地震

昨日17時過ぎにまた大きな地震である

電車が止まるかと思いあわてて帰ったが、案の定日比谷線がストップ

少しづつ動き、ぎゅぎゅうづめになって帰ってきた

このところ大きな地震が続き

帰宅の電車に影響があり、

じっくり仕事もできない

酒を飲んでたら帰れない・・・

ドキドキものである

早く安定しないか・・・

電車では新入社員らしき若者が入社後9日目でこれか・・・

などと困惑気味

頑張ろう日本!!

who are you?

昔の本を引っ張り出していたら・・・

九州沖縄サミットの時、森はクリントンに対し、何を思ったのか「フー・アー・ユー?」と言ってしまった。

あれはきっと、クリントンに英語でパフォーマンスしたいから、どうしたらいいか教えてくれと、バカな外務省の役人に聞いたに違いない

そしたら「ハウ・アー・ユー?」というのが一番良いですとなった・・・

そう言うと向こうは「ファイン・サンキュー」と言ってくるから「ミー・ツー」といえばいいと・・・

ところが困ったことに、「ハウ・アー・ユー」を「フー・アー・ユー」と言ってしまった。

クリントンも一瞬「エッ」と思ったが、すぐに冗談と思い、

かつてケネディがパリで「私はジャクリーンケネディをパリまでエスコートしてきた男である」といって受けたことを思いだした。

だからクリントンはそれをもう少しダイレクトに「アイ・アム・ザ・ハズバンド・オブヒラリー・クリントン」と言った。

それに対し森首相は「ミー・ツー」・・・・・・

全く・・・・

選挙結果をもとに考えるべし

統一地方選で民主は大きく敗北である

片や自民も同じもの

みんなの党がかなり増えたがこれも批判票

全くもって政治家に期待できないという結果か?

どれも口先ばかりの震災対策・・・

原発反対で太陽光発電というが、その実態は分かっているのか?

太陽光でいくら発電でき、そのためにいくら費用がかかるか

その採算が合わないからできないのであって

解決策にはなっていない

それよりも先に日本の電力の融通性等を迅速に行うことだろう

自治体の電子化の遅れも驚くばかりで、津波に流されたら何もなくなったとは

あきれてものが言えない

バックアップも何もできてない

今回の選挙でも人手で開票する前に、すぐに当選確実ができている

それなら最初から電子投票をすればいい

そうすれば選挙の費用も大きく削減できる

この際全面的にゼロから見直して

お金と電気のかからない政治をやってもらいたい

と思う朝でした・・・・

選挙

統一地方選挙の投票日である

しかし地震の被害のあった浦安では投開票をしないという

これも地元にとってはそれどころではない

また避難された方も多く、選挙のできる状況ではない人も多い

こんな事情も分からない役人はだめだ

どうしようもない

なんで日本は政治家から役人までこうなのかと情けない

臨機応変に対応できないのかと思う

何をとっても・・・・・・

アーいやだね!!

またまた大地震

昨日また福島の方で大地震

女川原発も外部電源がかなり切断されたとか

そんな簡単に電源が切れて本当に大丈夫か

緊急に全国の原発の非常用電源の在り方を見直し、工事をしたらどうか

何か手を打ったという話を全く聞かないが本当に心配である

福島の対策と並行して現有の原発に対策を打つようにしてほしい

疲れ回復

頭や体を働かせると、細胞ではエネルギーを作るために大量の酸素を使う

その過程で発生する活性酸素は細胞を傷つけ、機能を低下させる

これが疲れのおおもとになるのだそうである

この疲れを解消するには、やたらにスタミナ食を食べるのではなく

抗酸化作用をもつ食材を選ぶと良いとのこと

イミダペプチドというたんぱく質が抗疲労効果が高いとのこと

これは鶏の羽根の付け根や回遊魚の尾肉といった良く動かす部位に多く含まれるという

食事に気をつけて元気に活躍しましょう

夢とは・・・追い続けるもの

芥川龍之介の「芋粥」

主人公は、常日頃、腹いっぱい芋粥を食べたいと思うが、いざ腹いっぱい食べてしまうと逆に不幸に感じる。

夢がかなうのを待ちつづけている時間こそが、何よりも幸福な時間である。

どんな小さな夢であれ、それがかなってしまったら、人は、いくらかの喪失感を感じずにはいないだろう。 

そういったことを考えると、どんなに他人からはみすぼらしく見える人でも、何らかの夢を胸に抱いて生きている者は、幸福な人間であるといえるのかもしれない。

我々も夢を追い続けている時がもしかして一番幸せなのかもしれない。

その様な夢を抱き続けたいものである。

打ち出の小づちは縦に振れ

打ち出の小槌は縦に振る

縦に振るから良いものが出る

横に振ったらろくなものが出ない

人間の頭も同じで

縦に振れば合意を得る

横に振れば嫌われる

接待業では、目で聞き、耳で見るという

目で相手の思いを聞き取り、耳で後ろのお客様の声を見るという

お好み焼き日本一の千房の中井社長の言葉である・・・・

鉄は錆によって朽ちる

鉄は錆によって朽ちる

しかし錆はその鉄から生まれる

これを自業自得という

深い言葉である・・・・

知ってること

知っていることを1とすれば

やっていることは10

やり続けることは100の力に相当するという

やり続けることの大切さをいう言葉である・・・・

除草剤散布をやめよ

また田植えまえの除草剤散布を毎日のようにやっている

放射能汚染以上の環境ホルモン過大であろう

草取りぐらい自分でやれ

風に乗ってみんなこちらに飛んでくる・・・

おまけにまた野焼きをやりだした・・・

環境破壊!!!

自民党は全員議員をやめよ!

自民党の谷垣総裁が大連立の条件として管首相の退陣を要求とのこと

できない条件を出して何を考えているやら

とにかく今の非常事態をどうするかであり、いつまでこんなことをいっているやら

本当にあきれ果てる!!

さっさと総裁を辞めたほうがよい

大連立等どうでもいいので、とにかく一緒になって国のために働け!

最近の自民党には本当に腹が立つ

民主党もだらしないが・・・・

今の原発問題の基礎は自民党が作ってきたはず

もっと責任を持つべきである

年金にしてもしかり

原発にしてもしかり

もう自民党は存在感がない

さっさとやめてもらいたい

税金がもったいない!!!

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »