2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 内山選手v3 | トップページ | 相撲八百長 »

改革のためには先の先をみたあるべき姿をえがけ

改革活動はあらゆる企業で行い続けることが必要である

その際に、新たな変化は人間の嫌うものであり、なかなか進まない

その際にあるべき姿を描き、その合意をとるには

先の先にその改革案がどのような意味を持つのかを皆で議論することが重要である

目の前の変化にばかり左右されるのではなく

先の先に自社の置かれる位置づけを見て行かなければその改革の意味を理解することは難しい

人間の浅はかな点であるが、そこまで見ていける人間のすごさでもある

強い会社はそのような先を見る目を持っている

« 内山選手v3 | トップページ | 相撲八百長 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事