2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

内山選手v3

ボクシング内山選手v3

危ない試合だったがTKOで勝利した

やはりボクシングは危ないスポーツである

やれやれである・・・

今後とも怪我をしないで勝ってほしい

サッカー日本代表を見て思う

サッカーアジアカップの優勝おめでとう

たかがサッカーされどサッカーである

選手の素晴らしさとともに、ザック監督の素晴らしさを見せてもらった試合であった

監督の采配でこうも試合の結果が変わるものとは・・・・

途中の選手交代からガラリと変わったのは見ていて気持よかった

これが監督の力か・・・

マネジメントとはこういうものなのかもしれない・・・

日本には管理者としてのコントローラーはいるが、マネージャーはいないと言われる

マネージメントとコントロールの違いを示す日本語がない

日本人として、強さを考える上でマネージメントとは・・・ともっと考えるべきかもしれない

もともと欧米でのマネージメントとは、植民地政策のことからきているという

異質の人々を管理し、利益を確保するにはどうすべきかと考えると

人の行動をどうさせるかということに尽きる

優秀な人を配置し、その人にどう動いてもらうか

まさしくサッカーの試合であり、企業経営そのものと合致する

政治などはもっと近いのかもしれない

日本の政治が情けないのも真のマネージャーがいないからか

日本の経済も日本のみでやっているうちは強かったが、グローバルになった今、どうしてよいかわからない経営者も多いはず

以前プラントの仕事をしていたが、海外プラント工事はいつも赤字・・・

これなども同じところに原因しているように思う

人のマネージメントの難しさであろう

考えさせられるサッカーであった・・・

新燃岳爆発的噴火

ものすごい噴火である

都城市は生活できる状態ではない

火山雷もすごい

地獄を見た・・・と

噴火により空気が振れるようなこともある

改めて自然のすごさを見た

九州は色々と大変である

頑張ってほしい

韓国選手は最低

サッカー日韓戦で韓国選手が日本蔑視の行動をした

なんとも情けない男である

スポーツマンとして失格

国民として失格

これで韓国とは付き合えない

全ての日本人よ怒れ

徹底的に戦え

忘れるな日本人!

韓国人よ日本に来るな!

鳥インフルエンザ

鳥インフルエンザが急に猛威を出してきた

昨年の牛に続いて今度は鳥だ

毎年のような大きな病気で酪農、養鶏業等は厳しい

卵、鶏肉等の値上がりも心配である

自然を相手の仕事は雪なども含めて予想がつかない

ビジネスのリスクと行ってしまえばそうかもしれないが

被害の度合いをみると一気にゼロになってしまう

怖い話である

頑張ってほしい

日韓戦

昨日のサッカーの日韓戦の息をつけない緊迫感、感動です

先に点を取られても必ず挽回するたくましさを感じるサッカーです

今回はPK戦まで行きましたが、完全な勝利ですね

ワールドカップの時の残念を挽回してくれました

熱い熱いサッカーありがとう!

決勝はオーストラリアと夜の12時から・・・・

また寝不足になりそうである

ワクワクワク・・・

ありがとうございました

昨日セミナーを実施しました

一日のセミナーでお疲れでしょう

関東のみでなく四国や韓国の方も参加いただきました

皆様の熱心さに敬服いたします

日々努力の大切さを感じつつ講師を務めさせていただきました

また新たなメニューを用意しておりますので参加いただければ幸いです

ではまたの機会に・・・

セミナー出席者の方々へ

明日リードタイム短縮のセミナーを開催します

お客様は良いものを適切な価格でより早く入手したい

そのためにはリードタイムが訴求力に直結します

また在庫圧縮やリスク回避のために重要な要素となります

このことを認識し、供給リードタイムのみならず開発リードタイムまでチャレンジしています

今回のセミナーではそのための考え方を体系的にお話し、活用できるようにします

ぜひふるって参加ください

努力はとぎれることなく引き継ぐ

現代の人間は、祖先の技術や勤勉によってもたらされた豊かな財産の後継者である

そして我々はこの財産を損なうことなく自らの責任において守り育て、次代の人々に手渡していかねばならない。

これが文明社会のあり方であって、人々の努力のありようである

そのおかげでカオスに支配された世界から優れた産業や科学、そして芸術が生み出されてきた

このことを認識し、我々の日々の活動を見直していこう

努力とは

幸田露伴の努力論にて

「努力して努力することは、悪くはないが真の良いものではない

努力を忘れて努力する

それが真のよいものである

それが努力の醍醐味である」 と・・・

努力には2種類あり

直接の努力と間接の努力がある

ここで間接の努力とは準備の努力で基礎となり源泉となるものをいう

努力はその結果の善し悪しですべきではない

努力というものは人の進んで止むことを知らぬ性の本然であるから努力すべきなのである

努力の結果が悪いのはその方向性が悪いか、

または間接の努力が欠けて、直接の努力のみが用いられるからである

方向性が悪いということは少ないが、間接の努力を欠くことは多い

基礎を努力しないで当面の努力のみで良い結果を望むのは間違っている

そこで努力を忘れて努力せよと彼は言う

心にしみこませて日々を過ごしたいものである。

からからの毎日

このところ関東ではカラカラ天気続きである

今日は岡山のホテルだが、ここもカラカラである

ホテルは特にエアコンが強烈で余計にカラカラである

昨夜濡れタオルをかけて寝たら朝はきれいに乾燥している

皆様も喉や肌の乾燥に気をつけてください

インフルエンザなどひかないように

ノロウイルスなども流行しているようです

気をつけて、気をつけて・・・・

サッカーのサウジ戦

それにしても気持の良い試合であった

時間も午後10時からと最も良い時間帯

さらに審判も良かった

そして5点ものシュート

とにかくすっきりである

シリアのどうしようもない審判団の裁定は、反省をしないどうしようもない連中

これでは戦う前の問題であろう

審判の教育と最新技術の活用をすべきであろう

それにしてもサッカーとはなんとも熱くなるスポーツである・・・・

CO2の資源化

地球温暖化の原因とされるCO2を回収しプラスチックの原料とする技術を開発中とのこと

10年後の実用化を目指しているとのこと

素晴らしい技術である

特に先進国の責任として、このような技術の開発を推進することは喜ばしいことである

また資源のないと言われてきた日本にも、海の水にウランが含まれているとか

周りを海に囲まれている利点を最大に生かした研究をすすめることが重要である

数年後には世界一の資源国となるかもしれない・・・

それを目指して頑張ってほしい!!!

技術は夢を実現するものである

初雪

今朝起きたら初雪である

寒いはずで、北風ぴゅーぴゅーである

もうすぐ大寒、もっとも寒い時期である

それにしても受験生は大変である

なにもこの寒い時期に試験をしなくてもと思う

昔を思い出す

昔は隙間から雪が吹き込んだ教室で試験をしたのを思い出す

日本の経済も大寒か?

早く春にしたいものである・・・・

UFOか?

仕事で行った際に瀬戸内海の夕日をとった写真に不思議なものが映っていた

もしやUFOか?

はたまたカメラのゴミか?

中央の夕日の中の物体は?

110113_1647581

今年は寒い

今日は冬型が強まり非常に寒い

関東は曇りだが、日本中で大雪とのこと

わが故郷の山陰は正月に大雪が降ったばかりでまた大雪になりそうである

経済的にみると雪があるのとないので大変な違いである

企業も雪に負けないで頑張って行こう!

センター試験の受験生も大変であろう

みんな寒さや雪に負けずに頑張ってほしい

将来の日本を背負う若者よ!

自然の厳しさに負けないでほしい

すでに背負ってきた大人たちよ

自分の世代の借金はきれいにして若い世代につなげよう

責任を持って

菅政権も与謝野さんが参加し、強い政治を進めてほしい

増税反対という声もあるが、そうしないとますます若者にしわ寄せが来る

厳しい冬でも春を期待できてこそ頑張れるというものである

大人たちよ、頑張ろう

頑張る2011年にしようではないか!

支離滅裂なつぶやきになってしまった・・・・

サッカーシリア戦に思う

それにしてもいい加減な審判団である

ビデオを見ても完全にオフサイドである

それを良く見ていない主審がバカな判定をしている

相撲のように分からないならビデオ判定をすべきである

野球でも最近はビデオ確認をしている

なぜサッカーはできないのか不思議だ!

プライドなのかエコヒイキなのか、単純な能力不足なのか・・・気分が悪い

一度判定したら二度と変えない、間違いを正さないというのは、やはりまずい

選手にとってはどうしようもない

現代の技術で解決できるのに、なぜしないのか分からない

スポーツの世界に生きるものは頭が弱いのかと思ってしまう

審判は絶対でなければならない

そのために化学技術を有効に使ってほしい

そう思った試合である

後味が悪すぎる!!!

エチケット

本日岡山から新幹線で東京まで帰ってきた

3時間半の長旅である

長いのは気にならないが、最近とみに気になることがある

咳やくしゃみの人が多い

それもマスクもせず、ハンカチで押えることもしないで狭い社内に汚い唾をまき散らすバカ者が多い!  ほんとに頭にくる・・・・

ニュースで新型インフルエンザやA型インフルエンザが流行しだしたというのに・・・

我が物顔で大きな咳をする

思わず息を止めてしまうが、いつまでも息をしないわけにはいかない

昨年あれほど大騒ぎしたはずのなになぜにこんな無神経な大人が多いのかと思う

自分が風邪をひいたら周りにうつさなければならないという義務感でもあるのやら・・・

もっとエチケットを守りたいものである

このような輩には電車に乗ってもらいたくない

心ある人には周りを気遣ってもらいたいと思いつつ息もしないで3時間半を生き抜いてきた一人から・・・・お願いだ!!!

蟻族、鼠族

中国で大学を卒業したのにまともな就職ができず半失業の状態で、都市化に遅れた生活水準の低い村に集まって暮らす蟻族という若者が増えているとのこと。

最近はそれに加えて鼠族という家賃の安い地下室に暮らす若者も増えているという。

地上に比べて半額の家賃の防空壕を改造した家に住んでいるという。

外からはうかがい知れない中国の若者の苦労がありそうである。

どこでも生きるのには大変な苦労があるものである。

日本の新卒者の就職難のニュースをみて・・・・

株価回復

今日は株価は8カ月ぶりに10500円を回復した

なかなか回復が遅れていたが少し明るさが見えてきたかな?

自動車などはエコが終わってかなり苦しいようだが、輸出でなんとか・・・

GDPは中国に抜かれ、もうすぐインドにも抜かれそうだとのこと

これからの商売の市場はこれら新興国であり、彼らへの商売、彼らとの競争になる

中国の技術力もすでにかなりのものになっているようである

中国の次の狙いは、長年かかって築いた日本のブランドがほしいようである

会社ごと買収というケースも増えそうである

ここはやはりフンドシを締め直して日本企業の強化の年にしてほしいものである

頑張れ日本!!

若手の就職難

昨年から若い人の就職難が騒がれている。

選り好みさえしなければ・・・と言われていたが、そうとも言えなくなったようである。

企業各社は厳しい経済環境下において、本当に必要な人材に限定して最小している。

従来より評価基準が非常に厳しくなっており、新入社員の時から能力を評価される。

特にグローバル化に伴い、国際競争力に対応するための語学、国際感覚、知識、技術、スキルといった点を評価に入れている。

社会に出たことのない若手に上のような要望をするとは厳しいようであるがしょうがないというところか・・・

本当にできる学生とそうでない学生といった二極化が進み、内定率も複数の企業の内定を取れている学生と全くない学生に分かれているとのこと。

大学は出たけれど・・・など戦後のような状況である。

ゆとり教育などという役人と一部の教育組合の言うがままに春を謳歌してきた学生にとっては大変であるが、当たり前といえば当たり前の状況・・・

厳しいようであるが、キリギリス学生にとっては骨身にしみる社会の冬といったところか・・・

しかしこれは何も学生に限ったことではないということを全ての社会人が知るべきである。

自分の価値をいかに高めるか、そのためにいかに有効に時間を使っているか、目標を持った人生設計をするか・・・・

原点に返って考えたい新年である!!

本日から始動

皆様の多くは本日から始動された方も多いと思います。

今年の正月は短いようです。景気もなかなか良くなりません。

色々な人の発言を聞いても、なかなかいい時代に戻りません。

しかし何時を基準と見るかにより、人や企業の今年の思いは違うと思います。

なまじ良かった時代(バブルの時代をそう呼ぶべきは考えるべき・・)との比較ばかりしてもしょうがない。

構造的に日本の人口は高齢化社会になっていく。

これは仕方のないことで、それをとやかく言ってもも仕方がない。

無理に正そうとして、姥捨て山のようになってもこれは不幸である。

多くの年金を払ったのに、もらえないと愚痴を行っても仕方がない。

良い生活をしたいと脱税やら給食費を払わないなど論外!

何でも国からもらうべきという補助金目当ての姿勢は情けない。

一人ひとりが自立し、将来を見て計画を立て、着実に生きて行くことが大切であろう。

無謀な国や人に対しては毅然たる態度で言いきる姿勢は、日頃の生活姿勢に基づくはずである。

その様な一人ひとりが集まり、企業や自治体を形成することではじめて自立と言える。

しっかり背筋を伸ばして前を向いて行こう。

生きることはやはり大変な努力を必要とするのである。

そのような努力して生きることが大切だと正月に思った。

新たな光を浴びて気持を引き締めて進もうではないか!!

101223_062856_2

食べ過ぎ飲み過ぎに注意

皆さん、正月はいかがお過ごしですか

食べて飲んでゴロゴロという方も多いのではないでしょうか

小生もその一人で腹が重くてしょうがない

早めに普通の生活に戻らないと体重が心配ですね

少し体を動かしておきましょう

正月明けの体力をつけておかないと・・・・

常に体調を維持することを基本にしましょう

あけましておめでとうございます

2011年元旦

明けましておめでとうございます

2011年も快晴で元旦を迎えることになりました(雪国の方はごめんなさい)

心も体も仕事も快晴な一年にしたいものです

毎年色々な事がありますが、前向きに生きて行きたいものです

昨日と今日は連続しているものも、違う気持ちがする正月です

皆様もよい年に、そして元気な年になりますようお祈りしております

一緒に頑張りましょう!!

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »