2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

考えること

先日日本レストランエンタープライズの斉藤泉さんの話を聞かせていただいた

彼女は新幹線の車内販売員である

今でも2か月毎の契約のアルバイト社員であり、18年間続けている

彼女が注目されているのは、その販売力にある

山形新幹線では400のお客様が定員であり、そのお客さまになんと187の弁当を販売したという記録の持ち主である

約3時間の旅の中で、平均8万円の売り上げがほとんどの中、彼女は26.5万円の新記録を持っているとのこと

その彼女いわく、常に考えることでこの記録を達成したという

毎日毎日初めて会うお客さまに対し、今日私ができるできること、やるべきことは何かを考えて準備し、行動するという

確かに押し売りできるわけではなく、声をかけるだけであるが、頑張る人とそうでない人にここまでの差があるわけを聞いた

我々新幹線を利用する者から見ると、そんなに努力の幅のないような車内販売であるが、決してそんなものではなく、考えて準備し、相手の姿を見ることで、必要とされる品物が分かるという

接客とは心ある人が心ある人に何かをすることであり、そのことには無限の可能性がるという。そのためにもお客様の前に立ち続けると言う

マニュアルでは絶対にできない質の高い販売をするという

準備の段階から人の倍の時間をかけて商品を選別し、並べ、車内を回りつつ、お客様の期待していることを把握していく。売れ筋の高い車があれば、すぐにもう一度回るという。一人のお客様が弁当を買うと、近くの人も買いたくなるのだといういう。通常3時間半の中で4往復程度が普通の中で、倍以上の往復販売をするという

このような努力と気遣いと、準備をしつつ、毎日を反省し、次につなぐ・・・考え抜くそうである。

同じ仕事でも考えて考えることで相手と通じることが多いのだと改めて気づかされた

エコポイント

エコポイントが12月から半分になるという

そのためにテレビなどを購入するお客で家電量販店は大混雑である

自分は蛍光灯が切れて、購入に行ったが、駐車場がいっぱいで驚いた

それにしても、まだまだ見られるテレビを地デジとやらとエコポイントでどんどん廃棄している

これではエコどころではない

第一、地デジ化など、我が家ではチューナーを3000円で買ってそれですませている

だいたい地デジ化の説明もろくにしないで、来年には見ることができませんなどと脅しである。3000円を使ってチューナーを使えとなぜ大きな声で言わないのか!

全てのテレビを変えないと映らないような話をして国民をだましている!

たまたま一台だけ壊れたので液晶テレビを購入したが、どう考えても異常事態である

おまけに貰ったエコポイントをjcbでもらおうとしたら、一律強制的に500円分を寄付せよとのこと・・・これもおかしい

さらに今度はjcbの商品券がなくなったとのこと・・それもおかしい

しょうがないので地域の商品券を申し込んだら、商工会まで取りに来いと郵便で来る・・・郵便を送るくらいなら、自宅まで送れ!  ほんとにおかしい!

挙句の果て、その商品券をもって店に行ったら、ほとんど使えない店ばかり、地域のお茶屋さんや子供の小学校の体育服などの衣料品店・・・・こんな店最近行ったこともない・・・要は使えない商品券・・・・バカにするな!

何から何までおかしな制度である!

国を挙げて、税金を使ってゴミを増やせ、つぶれかけている店を使え、強制的に寄付せよ!(これも税金のようである)・・・・バカにするな!

全国民よ!

騙されるな!

モノを大事に使おう!

踊らされるな!!!!

冷静に・・・・

今日は興奮してしまいました・・・・

北朝鮮

昨日テレビを見て驚いた

何と北朝鮮が韓国を砲撃と・・・・

9.11のニュースのような衝撃を受けた

アメリカがイラクを攻撃したようにならなければよいが・・・

それにしてもとんでもない国である

恐ろしや~

恐ろしや~

韓国、中国出張の方は十分ご注意を!

努力をしない者には厳しい社会

ある記事に非常に厳しいことが書いてあった

これからの日本は努力をしない者には厳しい社会になる・・・

ピークを過ぎた日本には、「普通」「中流」という認識では生きることも難しくなってきた。

昔の日本がそうであったように、普通に生きること自体が難しい時代になった。

生きるために努力すべきという当たり前といえば当たり前のことを再認識させる世の中になった・・・・

そう認識している人はいいが、まだその認識がない人が多くいることは不幸なことである

みんな努力しよう!生きるために!

水木ワールドへ

久しぶりにわが故郷へ帰郷した

水木しげるワールドである

ゲゲゲの女房で有名になり、驚く人出であった

やはりなにかしら不思議な空気が漂っている・・・・

皆様もぜひ立ち寄ってみてほしい

普通の観光地との違いを肌身で感じ取ってほしい・・・・

101113_1620401

ワールド入口の米子駅(ねずみ男駅)ホーム・・・

101113_1517211_2

駅名も新しく変わっていた・・・・

夜は・・・・不思議な世界を感じられますよ・・・・・

こなきじじいにあえるかも?

元気を出すには

先日サッカー解説者の松木安太郎氏の講演を聞いた

ワールドカップ南アフリカ大会の話である

それまで日本は試合をするたびに負けており、練習を見てても静かであり、話をしていない状態だった、下を向いた選手ばかりだったそうだ。

しかし負け続けのなかで、遠藤と中沢がチームメンバーを集めて話したそうだ

「なんとかしないとエネルギーが出ない、言いたいことを言えと・・・」

その中で本田が「俺は点を取りたい」と一人気を吐いていたそうだ

以前の日本チームではこんな異質な選手は排除されていたのだろうが、そんな状態でなかった日本チームは、「それなら俺はこうしてボールを送ってやろう・・・」という発言が出てきて、勝つためのチーム目標と、個人の目標のベクトルが合ってきたそうだ

ギリギリのところで個人とチームが近付いた瞬間である。

やはり最後は危機感が人を変えて行く

日本チームはそれまでの負け続けのチームから、全員が一体になってどうやって勝つかを話し合うチームに変わったそうだ

その結果ベスト16まで行き、その時のメンバーは7名は海外で活躍する状態になった

このように一気に変わることはスポーツでは珍しいことではなく、7の力をもった人が100%の力を発揮することで、10の力を持っていても6の力しか出せない人をまかすことができるのだそうだ

最後に監督としては、行かない選手を行かせるよりは、行く気の選手を抑えるほうが楽だとの一言・・・・

要はいかに行かせる気にさせるかで決まってしまう

ビジネスにも同じことが言えるのではないか!!

未来企業の方向性

今の世界的な生きずまりの経営は、従来の常識が通用しなくなったせいであると言われる

今大きな構造変化が起きている

この中にあって、今後成長するには、従来の延長戦上で戦略を考えていてはだめだ

よくいわれるのは以下の考え方である

今後の企業の目指すべき方向性として5つある

1.変化の速さを機会ととらえて戦略を考えること

2.顧客の想像をこえる新しい提案をすること

3.世界の中の優れた能力を活用すること

4.ビジネスの常識を破壊すること

5.社会問題に誠実に取り組むこと

これができる企業が未来に大きく成長できる企業である

いいかえるとグローバル化がものすごいスピードで起きており、従来の延長線上で物事を考えていては生き残れない時代とのこと

このようないい方は前からも言われてきたが、本当の意味で大変革時代になっている

変わることのできる企業のみが生き残れる

自社の付加価値を常に認識し、それに磨きをかけることでしか生き残れない

世界のオンリーワン企業になろう!!

情報システム部門の役割

前回、トヨタの話を書いたが、その続きとして

企業内の情報システム部員の役割の変化に対しての発言・・・・

従来自社での情報システム開発を行っていた時代では、コーディング等のシステム開発技術が重要視されてきたが、近年の専門ベンダーを活用する時代になって、その役割が大きく変わった

そこでは、システム開発力が重要なのではなく、自社の業務の知識であるとか、人を動かすマネジメント力であるといった点が求めらる

さらに情報システム部門は、その企業の全ての部門にたいしてサービスをするので、幅広い業務知識と人とのコミュニケーション力、マネジメント力が求められる

非常に難しい機能であるが、逆に言うと非常に重要な機能である

それがこなせる人は企業になくてはならない人であり、それができない人は単に窓口にしかなれない人である。

前者になってほしいと考える

トヨタのバリューチェーン

先日トヨタの方の話を聞きました

内容はEDIの話だったのですが、

今までトヨタではものつくりの領域での協力企業や工場を含めてのEDIは自社で整備してきた

最近は、新交通システム、電気自動車やハイブリッドで電気メーカーとのモーター供給等の取引やスマートグリッドでの電力会社と言った新たな取引先との関係が強くなってきた

その結果、社内で整備してきたEDIではとても対応できなくなり、専門のベンダーの活用をしてきたとのこと

まさしく、20世紀の垂直統合型バリューチェーンから21世紀型の水平結合バリューチェーンになり、企業間の情報連携も難しくなってきたとのこと

さらに、従来のEDIは企業間の情報交換手段であったが、今後はその中での人と人との情報の共有化を実現するという新しいEDIの定義から考えなければならない時代であるとのこと

興味深く聞かせていただいた

中国漁船かみかぜ攻撃

それにしてもすごい暴挙である

中国漁船は海賊か!

ここまでされてなぜ公開しなかったのか?

反日デモの中国にも公開されたようである

これでどう出るか中国!

これでも日本の責任云々と言うのだろうか?

今のところ何にも言ってこない

来週のAPECには来るのだろうか?

どんな顔をしてくるのだろうか?

注意深く見て行こう!

それにしても、経済ではうまくいっているのに、政治では・・・・・・

異と交われば強くなる

花王の元会長の常盤さんの言葉である

異と交われば強くなる

いろんな人、外国も含めて様々な人との協力で企業は強くなっていく

新しい血を受け入れる懐の深さが必要である

積極的に交流を図って行こうではないか!

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »