2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

明日から禁煙?

明日からたばこが大幅な値上げとのこと

これを機会に禁煙をしようとしている方も多いと思う

何を好き好んで税金を払うのかと思っていたが

非喫煙者がこれでようやく増えそうである

みんなで禁煙し、きれいな空気の社会を作ろう!!!

レアアースに見る戦略案

中国のレアアースの輸出禁止処置をいい機会として、脱レアアース技術、中国以外の調達先の開発が加速している

購買の基本は、「需給関係の中で競争原理を活用する」ことである。

そのためには、中国一国のみの調達は最悪で、とにかく新たな調達先を開発すること

さらにレアアースを使わない技術開発でそれがなくてもできるようにすること

そのあとは、量的効果、価格調査、機能購買、流通活用、発注条件見直し、その他の制約条件の最適化、互恵購買等をうまく活用して、買い手のコントロール下に置くことである。

安いからと一社、一国のみとの取引の怖さを今回の事件でよくわかったはずで、これからは取引先の一つとしてと過剰な期待をしないことである

それこそリスクヘッジを行い、いざという時の弱みを持たない付き合い方をすべきである

それを国を挙げて推進することである

円の強い今だからできることは多くあるはずで、円高のデメリットばかりでなく、メリットを出すような戦略を考えて行くべきであろう!!

今回のような戦略は日本の経済に何のダメージも与えないどころか、今以上に日本の経済や技術を強めてしまった・・・と思わせる日本にしていこうではないか!

ビジネスで失敗する10の法則

コカコーラの元社長のドナルドキーオの本で述べられている

1.リスクとを取るのを止める

2.柔軟性をなくす

3.部下を遠ざける

4.自分は間違えないと考える

5.反則すれすれのところで戦う

6.考えるのに時間を取らない

7.専門家を全面的に信頼する

8.官僚組織を愛する

9.一貫性のないメッセージを送る

10.将来を恐れる

11.仕事への熱意、人生への熱意を失う

一度自分にかざしてみるといいでしょう!

中国対応策

このところ中国の強烈な姿勢が目立つ

それにしてもここまでとは・・・腹が立つのをこえてバカらしくなってくる

まるで駄々をこねた子供である

もう少し大人と思っていたが・・・

昔ならとっくに戦争になっているところであろう

下から上まで子供の集団である

相手にしないことである

フジタの社員には可哀そうだが、早急に関連する人は引き上げるべきだろう

現在経済的な関係は多くなっており、それにかかわって色々な手を打ってくるだろうがとにかく反応しないことである

最後は経済的な断裂になってもしょうがない

国民が一致して我慢するのだ

中国の観光客がこなかろうと、輸入・輸出が止まろうと・・・

そこで弱腰になったら終わりである

またアメリカに頼ろうとしてはならない

ますます問題がこじれる

「正義は勝つ」のだ

そのためには「武士はくわねど高楊枝」の気持ちを持つこと

それしかない

サムライの心構えを持て

変な反応をするな

我慢せよ

それが数年続こうと・・・

経済的には中国以外のアジア圏とのつながりを強化する

レアアース等の輸入も中国に頼らないこと

それがリスク対応策そのものである

今回の事件をもとに、自立した国家を確立していくのだ!

頑張ろう!!

内山選手おめでとう

ボクシングの内山選手の勝利をお祝いする

わが春日部市のチャンプである

チャンピオンになり、3連続KO勝利である

見事なり

それにしてもすごい破壊力である

挑戦者は大丈夫かと心配になるほどである

どこまで防衛できるか楽しみである!

日本がいまやらねばならないこと

かつてドラッカーはこう言った

失われた10年という言葉に代表されるように、この十数年間、日本が危機的状況に瀕しているという言われ方を繰り返されたが、日本が直面しているのは、危機ではなく、時代の変わり目つまり移行期なのである。

日本が今すぐ取り組まなければならないのは、時代が変わったことを認め、その変化に対応していくための意識改革である。

そのためには、労働の質と労働を担う世代に関して考えよという。

労働の質の変化とは、ブルーカラーの仕事からホワイトカラーの頭脳集約的な知識労働が重要になってくるということ。この知識労働者の生産性をいかに上げるかが大切である。

もう一つは若い労働者が減り、高齢者にシフトする。定年は今後の20年で74歳まで上がるという

こんなことを2005年に話して亡くなった

それから5年たったが、ほとんど実現できてない・・・・

なんとかせねば・・・

コンサル会社の選択は?

長年コンサルティング業界にいると、厳しいお客様の声を聞く。

ある企業様の幹部の方によると、使えるコンサルタントは1000人のうちの3人程度であると言われる・・・・。

耳の痛い話である。質の悪いコンサルタントと自称している者も確かに多い・・・

その様な中で、使えるコンサルタントの選定に悩まれている状況がうかがえる。

結果として、名前の売れている外資系のコンサル会社、マスコミに名前の売れている社長のいる会社等が選定されることが多い。

その様なコンサル会社を選定して、結果まずくてもここまでの会社でまずかったのはしょうがない・・・としてよいのでしょうか?

そういうわけにはいかないはずである!

以前お手伝いしたコンサル企業の場合、社長は営業マンとしてマスコミで出て、本を書いて、営業活動を行うことで、業界の注目を浴びた会社があった・・・

しかし実際のコンサルを実施するのは、その社長は行わない。(技術的に出来ないという場合もある)

当然営業トークであり、良いことを中心にプレゼンする。

しかし実際にコンサルティングを実施するのは、部下の数名のコンサルである。

その結果、色々と問題の多い仕事になってしまい・・・・ということが起きた。

これがコンサル会社の選定の難しさである。

役割分担と言えばそれまでであるが、コンサルという仕事はなかなか標準化できないものである。人が変われば質も変わる。それが同じ会社であろうと・・・・。

唯一確認できるのは、営業の段階のコンサルタントが自ら先頭に立って行ってくれるかどうかを確認することであろう。

そのプレゼンの際に、活動の目的、考え方がしっかりしており、進め方やアウトプットまできちんとしているかを確認することである。実際に現場に立っているかどうかを様々な質問で確認することである。

その短いプレゼンの時間でコンサルタントの質を判断して、そのコンサルタント(個人)に依頼するというのが失敗を少なくするベストな方法と言える。

順序は?

この前ある企業の方と話をする機会があった

今まで資材中心のコスト低減の努力をやってきたが、限界になってきたので、これから設計の視点でコストの見直しをしたいとのこと・・・

しかし順序は逆に行ったほうが理想的です

やりやすさでは、図面をもとに部品を安く買い、作るのが着手しやすいだろうが、もともと高い仕様の製品を無理やり買いたたこうとしてもすぐに限界に達することになります。

そのうえ、設計を変えると、今までの取引先は「これ幸い」とまた値下げ前の値段での見積もりを出してくることが多々あります。

これなど自動車会社でのコストダウンのお手伝いをしていると、日常的にあります。

原価の推移を見ているとのこぎりの歯のように下ったと思ったらまた上がり・・・の繰り返し

結果的に設計見直しの後でまた資材の頑張りが必要になってきます

結果的に自社の間接費(設計費、資材費等々)のみが多くなってくるという悪循環になってしまいします。

事業全体から見て、目的を実現するために、どんな順序で活動すべきかをよく考えて行かないと本当に無駄な活動ばかりで、やっている担当者はやりきれない・・・と言うことになりかねない。

忙しいだけでなかなか成果が出せない・・・

活動を企画する幹部がこの辺を良く考えて進めてほしいと考えます。

為替介入で一息

ようやく日銀による為替介入で異常な円高に一息といったところであるが、これに対し欧米では不快感が広がっているという。

理由は中国の人民元の為替操作を正当化しかねないということらしい。

しかしこんな自分勝手な話はない

確かに人民元の為替操作の問題はあるにしても、自分たちは通貨安の恩恵をたっぷりと受けながら、ここまで言うかと言ったところである。

あきれ果てた話である。これなど欧米中心主義そのものであり、腹の立つ話である。

日本国の国益を守るためにも、徹底的に為替介入を行い、妥当なレベルに戻す努力をお願いしたい。

中国、台湾はおかしい!

わけのわからない中国、台湾の東シナ海の日本領海での動きである

こんな泥棒猫のような行動を断じて許すな

徹底的に毅然とした態度で対応せよ

領海内での漁船は徹底的意に拿捕せよ!

正しいことを正しいこととして徹底させるべきである!

夜中に大使を呼びつけるとは常識のない連中である

こんな要望は無視すべきである

このところの彼らの動きに腹立たしい毎日である!

菅さん圧勝

菅さんが小沢さんを圧勝した

個人的には菅さんを応援しているが、円高が加速し、82円になりそうであり心配だ!

かといって小沢さんでは日本が本当に沈没しそうであり、彼を応援した人の気がしれない

菅さんには、この選挙の元気を継続し、もっと元気に動いてもらいたい!

日本国民全員で支援しよう

今の日本の問題は、落ち込んだ問題ではなく、変わるための苦しみである

強い日本にするためにみんなで頑張ろう!!

民主党の選挙

菅総理と小沢一郎の戦いはまだまだ続く

このところ、小沢案での天下り廃止、特別会計廃止などといい話が出てきた

こんな話があるなら、幹事長の時にやれと言いたい

菅さんは総理の仕事がいそがしくて・・・と言わないで

総理の仕事として、円高対策、デフレ対策、公務員対策等をすぐにやればいい

それこそできるかどうかわからない話ではなく、今やることをどんどんやればすぐに成果がでる

こんな簡単な選挙活動はないと思うのだが・・・

あちこちに見に行くだけではどうしようもない

もっと馬力を出せ

それにしても政治家と言うものは、選挙になると元気になるものだ

この元気さで政治をやってほしい!!!

記録的大雨

台風の進路が急に変って関東に大雨をもたらした

おかげで電車は止まる、びしょぬれになったという被害者が多かったようである

自分は三島から帰ってきたのだが、すこし早目に切り上げたせいで助かった

猛暑の中で、雨が降ると少しひんやりとしている

一休みであるが、被害にあわれた方はお気の毒

まだ暑さは続きそう

頑張ろう!

9月になって・・・

9月になってもう3日である

相変わらず30度を超える毎日が続いている

記録づくめの今年の夏である

おまけに小沢、菅さんの総理大臣の席をかけた選挙戦であり自分たちの権力闘争だけ

円高も83円、株も9000円を切る状態で瀕死の状態

なんとも手の届かないところで、こうもいい加減なことをされると

腹の立つことばかりである

やはりみんなが暑さに頭に血が上りわけのわからないことをしているようである

こんな時こそ冷静に、冷静に・・・

落ち着いて、落ち着いて・・・

皆さんも冷静な判断を!

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »