« 熱中症対策にシェルターを! | トップページ | 涼しい »

化学は人間のためにならない

イトーヨーカ堂の輸入したウナギを下請け企業の箱に詰め替えた食品衛生法違反で逮捕という記事が出た。

もともとは、中国産のウナギで発がん性のある抗菌剤を食べさせたウナギだそうで、そのことをないものにしようとしたようだ

こんなことをした担当者には、そのウナギを毎日365匹食べさせる罰というのを作ったらいい

以前の古米の時もそう思ったが、人の健康を害するようなもので金儲けをしようとはけしからん!

そもそもなぜこんな抗菌剤を考える奴がいるのか、本当に腹立たしい

考え出した化学者には毎日それを食べさせよ

飛行機の整備士は自分の整備した飛行機には最初に乗るという

それが責任と言うものだ

我が家の前の田んぼもホタルもバッタもイナゴもいない

いるのはアメリカザリガニだけ

周りは除草剤で真っ黄色

黒い土が延々と続く

このような米を本当に食べようとするのか

鎌で少しの草を刈ればよいものを、意地で薬をまいている

朝早く議員が道の周りに除草剤をまいている

本当にアホかと思う

連中の頭の中をのぞいてみたい

化学は人のためならず!

そう思えてならない

« 熱中症対策にシェルターを! | トップページ | 涼しい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事