« 虫の目、鳥の目、魚の目 | トップページ | 内山選手おめでとう »

左手は大きな存在

ひごろ右利きの人は茶碗を左手で持ち、箸を右手で持つ

普段右手は、左手に補助役として茶碗を持たせ、どうだ、おれは器用に箸が扱えるぞと主役顔で威張っている。

ところが、箸を左手、茶碗を右手で持ってみてほしい

そうすると当然左手も不器用であるが、右手もたかが茶碗を持つだけであるが、極めて不器用である。

地味だけど補助役としての左手の存在がいかに大きかったかを認識させられるという。

さらに左手の箸では、日頃かきこむように食べていたさまざまな食べ物が、少しづつしか食べられなく、全く違う味がする。じっくり味わるようになるのである。

一度やってみてほしい

食べ物のありがたみが新鮮になるはずである

日頃と異なる行動をすると新発見すること確かである・・・・

« 虫の目、鳥の目、魚の目 | トップページ | 内山選手おめでとう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事