2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

またまたまた負けた

勝つことがすべてとは言わないが、いい加減に勝ってもらいたいものである

相手がイングランドであるが、体力が続かないのかな?

見ていて後半の走り方に大きな違いがあった

戦術云々の前にもっと走らなければ勝負にならない・・・・

韓国戦よりはやる気を感じたが、2本のオウンゴールもやはり足がついて言っていないためであり、もう少し早ければ防げたものである

とにかく走れ走れ走れ

それしか勝つ道はない

素人の考えでした・・・・

社民党

社民党が連立離脱

当たり前と言えば当たり前で、一緒にやること自体が無理があった

数の論理で強行採決では本来の民主主義にはならない

いい意味での緊張感を持った政治をすべき

しかしそれにつけても素人政治である

いい加減鳩山さんには・・・・

もうすこし理詰めの政治ができないものか

大いに反省してもらいたい

その前に退陣か?

辺野古問題

やはりというか辺野古に落ち着いた海兵隊基地問題

もともとそんな目途やら可能性があったわけではなく、口から出た案がいつのまにやらできそうな気持ちになったのは鳩山ボンボンの育ちの問題であろう

それを信じた私がバカだったと賛同した人たちは思っている

それにしても、勉強不足でしたとは情けない限りである

民主党はこのような決着が多すぎる

子供手当、高速道路無料化・・・・・どれも同じである

すべてがそうではないにしても、もっと事前に検討してから話すべきことが多すぎる

ビジネスの世界でこんなことをやったら、ペナルティ問題である。今頃はそれで破産していることであろう

政治の世界はもっと責任がある世界のはず

いまでは政治不信、あほらしいというあきらめが渦巻いている

三流と言われるゆえんである

しっかりしてほしい!!

I-PAD

I-PADが日本で販売、徹夜組含めて大繁盛

このようなものはとにかく一番で手に入れたいという人がいる

はたしてどの程度有効に使いきれるかを注目していきたい

まだよくわからないが、電子書籍等は確かに有効で、写真等を満載しているファッション誌などは有効になるだろうが、それ以外は・・・・?

文庫本を画面で見たいとは思わないし、資料の作成はPCの方が便利だし・・・・

果して何に使えるのやら?

冷静に見て行きたい!

日本の課題

ドラッカーは日本の問題を以下のように指摘している。

定年が早い割に、労働市場が硬直的で、リタイア組の仕事をする機会が少ない。

これは若い人も含めた労働市場の問題で、仕事が少ないと言ってもよい。

しかしほんとうに仕事が少ないかと言うと、外国人労働者が不足し、地方の中小メーカーが青くなった。看護や介護の世界では人手不足に泣いている。

つまり安価な労働力が少ないと言ったほうがよいのかもしれない。

日本人は安価な仕事にはつきたくない?ついても暮らせられない?

しかしそれを安価な費用で外国人に依存するという方法もどうかなと思う・・・

そうかと言っても国が最低賃金を上げるという強制的な政策はむしろ企業を弱める。

よくよく考えていく必要がある・・・

岡田監督冗談じゃないぜ

全く勝てない岡田ジャパン

監督自ら今頃やめるだ、辞めないだと言い

それが冗談だと言い

鳩山さんにユニホームを持っていきチャラチャラしている時か!

いつの間にやらにげるようにスイスへ出かけた

本当に冗談じゃないぜ

やる気があるのか

死ぬ気でやってほしい!!!

またまた負けた

また韓国に負けた!!

どこまで負ければ気が済むのか・・・・

言葉が出ない

どうしようもない

ますます弱くなってしまった日本・・・

悔しさを忘れるな!!

時間は直線か?

村上春樹の1Q84 book3を読んだ

今回は期待していたのであるが、すっかりハードボイルド的な話は影を潜めてしまった

その中で 「時間の概念は人間のみしかない

人間は時間を直線としてとらえる

長いまっすぐな棒に刻み目をつけるみたいに

こっちが前の未来で、こっちが後ろの過去で、今はこのポイントにいる、見たいに

でも実際には時間は直線ではない

どんな格好もしていない

それはあらゆる意味において形を持たないものだ

でも僕らは形のないものを頭に浮かべられないから、便宜的にそれを直線として認識する

そういう概念の置き換えができるのは、今のところ人間だけだ

でもそれは間違っているのかもしれない

時間は直線ではなく、ねじりドーナツみたいなかたちをしているのかもしれない

しかし人間は何万年も前からそうやって生きてきた

時間を永遠に続く一直線ととらえその様な基本的認識のもとに行動してきた

そうすることに特に不都合や矛盾は見いだせなかった

だから経験則としてそれは正しいはずだ」

このような会話が出てくる

確かに時間は直線かもしれないし、ドーナツかもしれない

それは人間には分からない

残念ながら・・・

明日は大雨?

ニュースによると九州は大雨のようである

5月も末になると梅雨の前の大雨のシーズンである

これから背広はよれよれになるし

蒸し暑くて大変だし

嫌な季節である

久しぶりに、本当に久しぶりに風邪をひきました

2年以上快調だったのに、金曜日から喉が痛く風薬やのどスプレーのお世話になっている

明日から仕事で喉を使うとまたひどくなりそう・・・

なんとか怒鳴らないで静かに話をさせてもらおう

皆さんも気を付けてください

このような季節は体調を崩しがちです

くれぐれも・・・・

体力が全てに優先する!!

口蹄疫で宮崎牛壊滅

このたびの口蹄疫の恐ろしさは並大抵ではない

数十万頭の牛や豚を殺処分しなければ食い止めることができないという

ワクチンを打ってもその牛や豚は同じように殺処分対象となるという

対策の薬はないのだろうか

この前は鳥インフルエンザ、今後は口蹄疫と宮崎は大変な状況である

それほど鳥や牛や豚が多いということだろうが、大変な損害になるはずである

やはり早期の発見と対策が遅れたことがこの大きな被害の原因であることは確かである

人と同じように最新の注意と管理が必要である!!

宮崎には頑張ってもらいたいものである・・・・

宝くじ協会め!

事業仕分けの結果、宝くじ協会関連の5法人を廃止とのこと

その中で一番頭に来たのは、宝くじとは売り上げの45%が当選金へ当てられ、55%がその他の費用とのこと

半分以上をしょば代とするなど、やくざ顔負けの汚い仕打ち

そのうち2000万円以上の給与をとる理事長が何人もいるとのこと

このような実態だとはつゆしらず、毎回毎回買っては外れの連続・・・

その多くがこれらのやくざまがいの連中の給料に消えていたとは腹立たしい。

免許証の更新の際の安全協会もしかり

読みもしない本を作って、そのための製作費の半分を自分の懐へ・・・

やくざまがいの仕事の元締めが警察庁の天下りとは、ますます腹立たしい!!!

今日はかなり頭にきて文章が汚くなってしまいました

悪しからず

みんなで怒って発言しよう!!

北朝鮮魚雷攻撃

このところ北朝鮮の魚雷攻撃のニュースが新聞紙上を埋めている

今の魚雷は直接当てなくても十分船舶を沈めることができるようである

それにしても物騒な話である

韓国は北朝鮮の攻撃だと言い、北朝鮮は知らないという

隠れて攻撃するくらいならやめろと言いたい

現在でもまだ以前の朝鮮戦争のような状況を作り出しているこの国が分からない

もっとやることがあるだろうに・・・・

立つだけダイエット

世の中ダイエットに関する記事が多い

その一つで、立つだけでダイエットを行うという方法があるそうだ

通勤電車で1時間立っていると150kcalを消費するとのこと

そうすると10時間立っていると1500kcalとなる・・・

結構なことですね

ただ10時間立ちつづけると腰痛になりそうであるが・・・

あまり無理をせずに、健康に・・・

むかつく相手を一発で黙らせる

本屋さんでいろんな本を見て歩くのは楽しいものである

表紙に目を引き付ける本は多い

内容はからなずしもその通りではないが、衝撃的な表紙が多い

「むかつく相手を一発で黙らせる方法」というのもその一つであろう

世の中言葉でイライラすることが多い

電車の中でのけんか、飲み屋でのけんか・・・

それが傷害事件に発展する場合も多く、新聞に出ることも多い

やはり人間なのでカチンとくることもあろおうが、冷静に冷静に・・・

けんかにならずに相手を黙らせる法という本である

一読するのも時間つぶしにはおもしろいかな・・・

内山選手おめでとう

わが町のチャンピオン内山選手が初防衛した

長いリーチの挑戦者をぶんなぐるようなパンチでノックアウト

強打者的な勝ち戦である

今後とも内藤選手のように年とってもチャンピオンを維持してほしい

我々年配者も頑張ろう!

左手は大きな存在

ひごろ右利きの人は茶碗を左手で持ち、箸を右手で持つ

普段右手は、左手に補助役として茶碗を持たせ、どうだ、おれは器用に箸が扱えるぞと主役顔で威張っている。

ところが、箸を左手、茶碗を右手で持ってみてほしい

そうすると当然左手も不器用であるが、右手もたかが茶碗を持つだけであるが、極めて不器用である。

地味だけど補助役としての左手の存在がいかに大きかったかを認識させられるという。

さらに左手の箸では、日頃かきこむように食べていたさまざまな食べ物が、少しづつしか食べられなく、全く違う味がする。じっくり味わるようになるのである。

一度やってみてほしい

食べ物のありがたみが新鮮になるはずである

日頃と異なる行動をすると新発見すること確かである・・・・

虫の目、鳥の目、魚の目

経営における三原則として3つの目を持つことが大切言われる

それが虫の目、鳥の目、魚の目である

「虫の目」とは、対象に近いところで、複眼を使って様々な角度から注意深く見る目を言い、現場に出向いて顧客や商品にじかに接して、実態を知れということである。

「鳥の目」とは、虫で見えない広い範囲を高いところから俯瞰する目であり、全社的な観点から、今我々はどんな状況に置かれているのか、なにが最重要な問題なのかを感じるということである。

「魚の目」とは水の流れや潮の満ち引き、つまり世の中の流れを敏感に感じ取る目であり、会社や業界全体がどんな流れの中でどのようになっており、自分はどのような流れに沿って、それはどのタイミングで行うのが良いのかを判断する目である。

このように遠くから近くから、詳細に俯瞰的に、個々と全体とそれらの関係から実態を見て、正しく優先度を判断し、意思決定ができるようにと言うことである。

しかし我々の頭は一つ、目は2つ、耳は2つしかない。一人ですべての目を持つことは非常に難しい。様々なスタッフの頭と、情報を活用して、誤りのない判断をしてほしいものだ。

FOIの粉飾決済

半導体製造装置メーカーのFOIでの大不祥事である

マザーズへの上場の内容を粉飾とのこと

とんでもない話である

このような会社は社会にとって価値がない

すぐに排除すべきである

世の中に誠実であれ

それができない会社はどこでウソをついているかわらない

ウソのある会社は信じられない

ビジネスの世界では決して許されるべきことではない

一度解散すべきであろう

即刻に!

トヨタ2年ぶり黒字

叩かれ続けているトヨタが2年ぶりで黒字になったとのこと

その原因はハイブリッドなどの売れ行きの向上に加えて、さらなるコストダウンだそうである。

商品のコストダウンに限らず間接費、事務用品にまで至る徹底した費用削減の結果だそうである。

見事としか言いようがない。

しかしこれを国や自治体に適用してほしいと考えるのは自分だけではないはず・・・

これを見るとやはり経済一流、政治三流と言わざるを得ない・・・

日本のみならずギリシャにもこの手法を適用すればとさえ思う毎日である!

RFM分析

マーケティング手法の一つでRFM分析をご紹介する

Recency , Frequency , Monetaryの頭文字をとった分析手法である。

お客様の最終購入日、累積利用回数、累積利用金額をもとにして、お客様の購買行動に得点をつけ、R、F、Mがともに上位の人を抽出し、その人たちにアプローチする手法である。

これによると、新しいお客様、購入頻度の高いお客様、高額購入のお客様ほど優良顧客であり、これらの顧客への積極的にアプローチすることで、高い確率で再購入を期待できるという考えに基づいた手法で、このようなお客を抽出し、適切なDMを送ることで、売上貢献につなぐ手法である。

これは通販等での顧客情報を活用した手法である意味優れた手法の一つである。

ただ最近買ってくれた顧客が良い顧客かと言うと必ずしもそう言い切れない点もあり、課題の残る点ではある。

日本再生のためには理系育成

技術立国のはずの日本の製造業が弱くなっている。

資産も観光資源もない日本で唯一強いのは理系、製造業であり、そのような人材が国の資産であったはず。そのような高等教育に日本は力を入れてきたはずである。

しかし理系の博士号取得がアメリカの1/4、中国、ドイツ、イギリスよりも少ないという。

高等教育に使う公的資金のGDP比ではOECD諸国の中の最低である。

平均が1%に対し、日本は0.5%という。

ただでさえお金が苦しいなか、とても高額の教育は受けられないという国民が多い。

これで日本の資産である理系人材は育たない。

子供手当というが、子供は小さいときはお金はかからない、むしろ大学、大学院という時期こそがお金がかかる。ここでは自宅から通えない学生のほうが多く、授業料に加え、独り住まいの費用がかさむため、サラリーマンの年収くらいの教育費用がかかるのである。すでに個人の力で博士を作るには限界のある状況である。

子供手当と優秀な人材育成のどちらにお金をかけるのが投資採算として良いのか誰でもわかるはずである。

とっくに日本の製造業の強みはなくなっている、これからもっと弱くなる・・・

これから日本はどこで食べて行くのやら・・・

やはり政治の問題は大きい。

これからの日本の将来像、強みをどこに持っていくのか、長期展望の中で考えるときである。自分のこと、自分の資産のことしか考えない政治家はさっさと辞めてもらいたい!

ギリシャで大幅株安

ギリシャの問題が日本へも飛び火し日経が大幅安・・・

少し良くなったと思えばすぐにこれだ

いつになったら景気は良くなることやら

いつまでこの調子が続くのやら

いい加減うんざりですね

日本の国債は大丈夫でしょうね!

鳩山さんしっかりしてください!

暑い

5月だというのに真夏日である

我が家も温度計は28度である

頭がボーとする

いやこれは昨日の酒のせいか?

それにしても暑い

連休は記録的な晴天続きである

これほど暑いと参ります・・・・

明日から仕事・・・体調を整えて頑張りましょう!

祝日が休日化

大型連休である

高速道路はどこも満員

行楽地もどこも満員

上海万博も満員

なぜそこまでしていくのかわからない・・・・

狂ったように動く

少しは静かにしたらと思うが自分だけか?

長い休みである、それぞれの休みの意味を考え、日ごろできない思いにふけってもよいのではないか?

今日は憲法記念日である

あすはみどりの日(よくわからない・・)

あさっては子供の日

そういえば最近鯉のぼりをみないな・・・

だんだん季節感もなくなってきたか・・・

ぼやきの一日である

上海万博

上海万博開催

平均3時間街の各国パビリオン

しかしそれにつけても上海のスモッグを毎日見せられるのはたまらない

経済発展とスモッグはつきものであるが、こんな空気を吸っていては肺まで真っ黒

昔の東京と同じとは言え、たまらない

人間は誰でも同じ道を歩むのか・・・

すこしは人間らしい経済発展というものはできないものか

毎日テレビを見てそう思うのは自分だけか?

破滅に向かってすすむ鼠のように思えてくる

人間らしく、人間らしく・・・

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »