2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 遅い夕食は大敵 | トップページ | またまた新党 »

アバター

先日映画アバターを見た

3D映画ということで期待した通りのきれいな映像であった

しかし内容はシンプルで、外の星の鉱物資源を確保するためにその住民と争うという内容、その住民側に主人公が入り・・・・・

この映画を見て、まさしくアメリカの歴史という感じがしてきた。

日本に対する黒船騒動、太平洋戦争前後のアジア戦略、ベトナム戦争、最近のイラク戦争、アフガン戦争・・・・どれをとっても同じ内容の戦争としか思えなくなってきた。

彼らの基本的な考えは、自分たちが優秀な人種で、周りはすべて劣等な種族であるという考え。そのためには、自分たちが全人類を支配し、また世界の警察たるべきという思想そのものである。

これが狩猟民族そのものの考えであろう!

日本が戦争して勝てない相手である。つくづくそう感じた(少し突飛過ぎかな?)

« 遅い夕食は大敵 | トップページ | またまた新党 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 遅い夕食は大敵 | トップページ | またまた新党 »