« 寒い!! | トップページ | 朝青竜の引退 »

海の底では・・・

浦島太郎でおなじみの海の底での3年は実は現実の世界ではかなり長いという。

寒色系の色では人間の体感時間は二分の一になる

実際には一時間たっているのでの三十分しか立っていないと感じるのだ

浦島太郎は自分では3年と思っていたが、実は数十年だったということだ

これを利用して単調な作業をする現場は寒色系で塗るのが良い

時間がたつのが早いので「おやもう就業時間か」という感覚になる。

その反面。喫茶店などで回転を速くしたいときには暖色系にするとよい。

若い感受性の高い人では実際の時間の2倍半に過大評価したという

このような感覚は若い人ほど高いという

浦島太郎も若かったので感受性が高かったのであろう

« 寒い!! | トップページ | 朝青竜の引退 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事