« 鳩山首相の脱税? | トップページ | 2010年 あけましておめでとうございます »

2009大晦日

2009年12月31日である。とうとう大晦日である。一年の終わりに際して・・・・

世の中非常に混乱した1年である。自民党は混乱のまま野に下り、跡形もない状態である。一方の民主党は破竹の勢いが両トップのお金にかかわる混乱でまた元気がない。経済はというと、少し光が見えた状態の夏ごろではあったが、そのうち厳しい円高、株安、デフレでどこも厳しい。

しかし混乱の時こそチャンスとばかりに積極投資、積極的な改革活動を推進している企業も多く見受けられる。このようなときは、現状維持こそが最悪のパターンとばかりに動いている企業である。

年末に韓国のコンサルタント会社の社長とお話する機会があった。韓国は日本に先駆けて上昇気流に乗った企業も多いそうだ。三星は、日本の企業の数倍の利益を確保し、グローバル企業として成長路線に載ったとのこと。

「パルパル」(急げ急げ)の韓国文化に日本だけが置いてきぼりを食らった形である。

やはり長期戦略、迅速な意思決定、リーダーシップなど耳の痛い話が多く聞かれる。

2010年度は本気になって、成長路線にのせるべく、集中した戦略を打つべきであろう。それを企業成長の道と信じて・・・

皆様方には、色々とお世話になった年でした。この場を借りて御礼を申し上げます。

また来年もよろしくお願いします。

« 鳩山首相の脱税? | トップページ | 2010年 あけましておめでとうございます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事