2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 5本の樹 | トップページ | 昨今の研修状況 »

資材中心のコストダウン活動へ

現在ある企業で資材中心でのコストダウン活動をご支援している

資材のコストダウンと言うと、ネゴ中心の活動に思えるが、この活動では理屈に合わない活動はしない、理屈に沿った活動をしようという活動をしてる

そうするとどうなるかというと、購買品の仕様に言及することになる

つまり設計が出してきた注文書の中身が本当にそのような仕様にする必要があるかを資材部門が理解することから始まる。自分がわからないものは発注できない、なぜそのような仕様にする必要があるか、自分を納得するように設計に交渉することになる

その時に設計によっては、理屈に合わないことが意外と多い。他人に説明できないのである。これは困ったことで、本来の設計の仕事ではない。前に誰かが描いた図面をひっぱてきて、実績だからこうで、変えることは実績がないのでできない・・・・

これではコストダウンなどできるわけがない

そこから資材が頑張るのである

資材の交渉は仕入れ先との交渉より、社内の交渉が重要なのかもしれない

設計からはニラらまれるが、誰かが苦い言葉を発しなければ設計も変わらない

設計が変わらないと、コストダウン仕様が作れない

一時的には苦いかもしれないが、設計も資材も頑張ってほしいものである

« 5本の樹 | トップページ | 昨今の研修状況 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5本の樹 | トップページ | 昨今の研修状況 »