« 5honno | トップページ | 資材中心のコストダウン活動へ »

5本の樹

積水ハウスが提案する5本の樹計画が好調のようである

積水ハウスでは庭の樹にもともと日本生えていた木々をうえることにより、自然の再生に生かそうという思想である。

5本のうち3本は鳥のため、2本は蝶のためと言う

1軒1軒の家がこのような木々を植えることで、里山と庭の間に、緑のネットワークができ、地域の生態系が守られることを期待するという。

このような企業活動を通して、生態系を再生するという試みはぜひとも協力したいものである。

我々人間も自然に生き、自然から様々なものをいただき、生きている。せめて自然に被害を与えないで生きていきたいものである。

« 5honno | トップページ | 資材中心のコストダウン活動へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

庭の柿の木になる柿の実の分け前は、3:1=人間:鳥かな?
都内では珍しく、雀やメジロなど小さな鳥が柿をついばみに来ます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5honno | トップページ | 資材中心のコストダウン活動へ »