2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

プロとは努力の人

プロとアマの違いは、練習量の違いとのこと

1万時間の法則というのがあるそうである。勝間氏の著書による。

天才と言われる人を良く見るととにかく時間をかけて徹底してその専門の域を磨いているとのこと、その時間が1万時間とのこと、そこまでやらないと人より一歩先に出ないのである。

1万時間と言うと毎日3時間頑張っても10年かかる。3年で到達したいと思うなら毎日10時間頑張るということである。

プロ、天才と言われるにはそれだけの時間をかけて究極を追求することである

スポーツ選手でなくてもサラリーマンでもコンサルタントでも、人の10000万倍頑張れば天才の域に到達できる

凡才と思っていた自分が、単純な怠け者のであるという認識は厳しいが、天才の入口にいると思えば楽しい人生化もね・・・

皆さん頑張ろう!!

新型インフルエンザの対策

このところ新型インフルエンザの記事が急に大きくなり、またまたマスクが品切れである

さらにこのところシャープのプラズマクラスターイオン発生器やIHIのウイルスを殺すというオゾン殺菌機が次々と発売される。特にシャープの物は、大人気である。

これらがどれほどのものかは知らないが、それほど効果のあるものなら、乗り物、病院、学校、会社などの多くの人の集まるところになぜ設置されないのか?設置されてるが知らないだけか?

いずれにしても少しでも効果のあるものなら、わらおもつかみたいものである。

効果のあることを期待したい!!

完全に選挙モードへ

待ちに待った選挙である

なかなか解散しない麻生さんであったが、最後のタイミングをみての選挙である

しかしテレビで見てて思うのは、麻生さんの発言が完全に野党口調であること

すでに決まったような姿勢である

もともと非難する姿勢が好きなようで、攻めの時の顔つきはかなり鋭い

逆に守りの時の顔は情けないほどであるが・・・

選挙モード一色になっているにもかかわらず、彼らの演説の多くが民へのばらまきのような票稼ぎ一色なのはいかがなものか

反省のない政治でも困るし、夢のない政治でも困る・・・・

なかなかこれはといったマニュフェストがないのが一番困る毎日である・・・

日本再生につながる政治をしてほしいものである!!

無人島研修に思う

日清食品ホールディングでは若手管理職を対象に無人島でのサバイバル研修を実施するとのこと

厳しそうという声と楽しそうと言う声が半々ではなかろうか?

べつに自衛隊の訓練でもなし、蛇や蛙を食うわけではなく、仲良く同じ釜のラーメンを食って絆を強くするということか

むかしの餃子屋さんの新人研修や富士山の地獄の特訓などを思い出す

良い大人をわけもなくいじめて、大声を出させて、人格をつぶすようなことをして、最後に涙を流させて、「ああ言い訓練だった」と一言言わせる・・・・SMでもなかろうに・・・まるで軍隊である・・・

軍隊とは人間をロボットにする組織である。個人に意思を持たせるといざという時に突撃できないからであり、そのために大声を出させたり、行進をさせるのである。北朝鮮のパレード、ヒットラーのパレードなどその最たるもの。人間は兵器と考えるのである。

そのような上意下達の言うことを聞く人間を作って何をしようとするのか?

人事の方々は何を期待しているのかわからないが、ニュースに取り上げられることで一つの目的は達したかな?

もう一つの真意を聞いてみたいものである!!

ビジネスマンに必要なもの

ビジネスマンに必要なものは、マインド、スキル、ナレッジの3つである。

やはり人に求められる最大のものは、その人のマインド、モチベーションである。やる気があれば何でもできる。やる気がないと何もできない。ゆえにマインドを最も重要視される。

次に仕事のスキルである。ある程度仕事をすればそれなりのスキルは得られる。そのレベルを上げるには、マインドと合体することでさらにレベルが向上する。

最後にナレッジである。仕事を通じて得られたナレッジに加え、自ら求めたナレッジが他者との差別化になる。そこでもマインドが重要視される。

この3つを意識して日々行動することで、大きく伸びるのである。

合宿

先週末、八ヶ岳でお客様と3日間の合宿を行った。

さすがに夜になると寒くて、別世界であった。

集中して3日間にわたって、集中討議をすることで、トップの思いと従業員の方々の思いの共有化ができ、有意義な合宿であった。

本音で話し合いをすることは会社の中ではなかなかできない、それは時間的な制約もあり、立場の違いもありで、このような集中検討会は定期的にやりたいものである。

企業の行動をステップアップするには、今までのことを共有化し、原点に返って徹底的に話し合い、主張し、言いきることで次のステップに登れるのだと思う。

よくサラリーマン根性と言われる。貰った給料分だけ働けばいいんだという姿勢をさして言う言葉であるが、その姿勢では自分の仕事を心から楽しめるようにはならない。

経営者意識という言葉がその反対とするならば、その違いはなにか?

それは視点を高く持つことだ。

高い視点をもつことで、遠くまで見えることになる。

ビジネス全体を俯瞰できることになる。

まったく見える世界が違ってくる。

ビジネス全体の収支が見え、そこからの視点で一つ一つの仕事が見える。

今日明日の仕事に加え、5年後10年後の姿が見えるのである。

そのような視点を持つには、やはり経営者と徹底的に接し、話し合い、議論するしかない。それが最も早い道であり、人材育成の鉄則である。

その意味でも皆様に集中合宿を進める。

地震

本日静岡沖で地震発生、かなりの人がけがをされた模様、お見舞い申し上げます。

そういえば一昨日は埼玉方面でも地震発生、突然揺れて、我が家の脚立が倒れた。ガシャーンという音の方が揺れよりも驚いた。

台風で中国地方や四国の方は大洪水のようである

毎日毎日、自然災害が起きる・・・

こればかりはなんともしようがないが、対応できる準備だけはしておきたいものである。

寝室の頭の脇にたんすやら物を置かない、できるだけ耐震補強をしておく等々の配慮をしたいものである。

皆さまも気をつけて!

ストレスに負けないために

日常生活の中、特にビジネスの中にはストレスの原因となることが多い

しかしそれに負けていては、日々の生活が楽しくない

日常生活でストレスに負けないコツをNHKで紹介している

1.目の前のことだけに集中する⇒あれこれ考えない

2.一つのことだけを考える⇒多くを考えると混乱をまねく

3.悩みは人に相談する⇒一人で抱えない

4.決心したらすぐに行動する⇒考えすぎない

5.一人の時間をもてあまさない⇒一人の時間は趣味に使う

6.他人を恨まない⇒人を恨んでも解決しない

7.毎日時間を見つけて体をリラックスさせる⇒簡単な体操や散歩でリラックスへ

8.決まった日課を守る⇒生活にリズムを

9.夜8時以降は悩まない⇒夜悩むのは不眠の原因

10.自分のストレスを認識する⇒自己チェック

皆さまも心がけてみては?

自動車産業の回復は?

エコカー減税としてプリウスやインサイトなどのハイブリッドが好調であるが、エコカー減税はあくまで低燃費車にしか効かない。

さらにプリウスなどの減税支給の条件は来年3月末までとのこと、爆発的人気で納車が間に合わない人もありそうとのこと・・・・その人はまずキャンセルか?その時の落ち込みが怖い!

さらにプリウス人気の裏側で、カローラやクラウンといった中核車種の販売が激減しているとのことで、あくまでも局地的な需要増に限定されているようである。

これをはたして回復というのであろうか?

家電のエコポイントも需要の先食い的なものであり、地デジでしょうがなく買い替えをする人の需要を先に持ってきたのみで、それが終わると一気に落ち込みそうである。

当たり前と言えば当たり前で、消費者の賃金が増えてないなかで、継続した重要は無理なのである。焼け石に水というと怒られるかも知れないが、根本的な経済強化策でなく、対処療法では国は滅びる・・・農家の実態と同じようになってしまう・・・・

真に日本を強くする政治を望みたい!

最近の気象

最近の気象はやはりおかしい

関東を除いてまだ梅雨明けがない

毎日秋のような気温だったり、急に暑くなったりである

涼しいと楽であるが、今からこの温度では心配である

地球温暖化のせいと言われるが、個人で何をできるわけではないし・・・

太陽光発電などというが、それを作るのに多くのエネルギーを費やすようであり・・・

せいぜい水を大切に、エアコンをかけずに、自動車を使わずに・・・・

そう考えると総選挙で、高速道路無料化やエコポイントで使える家電を買い替えさせるなど逆行しているようである

やはりもったいないの精神で静かにくらすことが一番か・・・・

などと考えながら生活している毎日である

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »