« 新3K | トップページ | 無趣味のすすめ »

ようやく総選挙

このたびの都議会選挙の結果をうけて麻生総理はようやく解散、総選挙への意思を決めた。麻生総理は自民党の実績を主張し、民主党の非難をしているが、それほど自信があるならなぜにもっと早く国民の信を取らないのかと言いたい。

どこの党をを支持しているとは言わないが、国民の信を取るべきとだけは思う。それは国民皆同じであろう。我々の意見が主張できるのは選挙である。その選挙を回避しつつ、自公の生き残りを延々としていては、国民から嫌われる。何をやったかを国民はみているのではなく、単純に選挙をやってくれと言っている人が多いように思う。この当たり前の現象が都議会選挙の結果であろう。

民主党が政権を取った時に、過去の村山総理の社会党のような無様なことにならないことを祈る。あれを境に彼らは完全に過去のものとなった。それほどに政権与党は厳しいといわなければならない。批判ばかりでは、国の運営はできない。

強いリーダーシップの総理と、全員で支える組織があって初めて強い国つくりができる。ただやはり開かれた党であり、一部の利権を温存するようなことになってはならない。このことは普通の神経を持てば当たり前であるが、それだけで動かすことのできないことが多いのだろう。その厳しさを十分に認識した人が、政治家になってもらいたいし、そのような人を応援したい。そうすれば、2世議員などあほらしくてなり手がないとおもうのだが・・・

« 新3K | トップページ | 無趣味のすすめ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新3K | トップページ | 無趣味のすすめ »