« 人間関係は永続する | トップページ | 設計面でのコストダウンの標準対策 »

籾殻焼、野焼きは違法にあらず!!

また恐怖の季節が始まった

家の前の田んぼで毎年のように始まる稲刈り後の籾殻焼、田んぼの野焼き、さらに農家のゴミを持ってきての田んぼでの焼却作業・・・・・

延々とこれから数ヶ月にわたり、我が物顔で産業廃棄物たるゴミを焼き続ける農家

それに対して何もいえない市役所、自治体、市議会議員、県議会議員・・・

これっておかしくありませんか?

籾殻などはダイオキシンの排出が極めて高い猛毒のガスである

おまけに、農薬のついた藁を焼けば、その農薬成分が風に乗って我が家に遠慮なく入り込んでくる。安普請の我が家では、この煙を吸い続け、必ずこの季節になると、扁桃腺がはれて、医者通いするはめになる。この医療費をどうしてくれる?このためにガンになったらどうするのか!あのベトナムの枯葉剤をまきちらしてる日本とはどんな国なのか?

自治体の焼却炉の改善活動などを行なっている際には、防毒マスクをしなければ歩けない環境が、住宅の目の前で公然と行なわれている。

過去10年前から市役所の環境保全課に依頼しているが、法律的に取り締まれないそうである。なんという日本かと思う。住民に対して安全で安心できる環境が作れないで文化的といえない。

その町は、クレヨンしんちゃんで有名なあの春日部市である。

春日部市の環境保全課の皆様、何とかしてくれ!!!

« 人間関係は永続する | トップページ | 設計面でのコストダウンの標準対策 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人間関係は永続する | トップページ | 設計面でのコストダウンの標準対策 »