2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

金融庁の資料(200万円不足)

麻生さんが発表して取り消した95歳までに2000万円が不足する内容を金融庁のホームページから資料を取り寄せて読んでみた。

野党がわめくものでは全くないと思う。

むしろこのような議論が今までないことの方が問題である。

話をすると不安になる・・・というが用意しないで現役と同じようにお金を使ってしまいなくなってから慌てても遅いのである。

その方が問題である。

若いときから準備せよ、高齢者になれば自分の収入に見合った生活をしなさいというだけの話である。

これを統計資料から丁寧に話してあり、ぜひ若い人に読んでもらいたい。

選挙が迫っているので与党も報告書を受け取らないという子供じみた対応をしているが事実なので堂々とすればよい。

100年安心の年金制度の話を否定することでも何でもない。

年金を続けるためには、自分はいくら年金がもらえるかを理解するのは当たり前で払わない人はもらえないだけの話である。

払わないのに、生活のためにもっとくれというのはフェアーではない。

特に若い人の払い込みで支払いが決まる年金制度である。

わがままをいうものではない。

確かに統計によると困る人が多くいるのは事実である。

だから働く環境を政府として整備しているのであり、我々は健康に気を付けて、出来るだけ働き続けよう。

アリとキリギリスのアリの準備をしておくべきとのこと。

それだけである。

工場のレイアウト

工場のレイアウトの記事を日刊工業新聞社の工場管理に連載している

また定期的に新技術開発センターでもセミナーを行っている

そこでよく聞くのは、工場の改造、新築を考えているので聞きに来たといわれる方が多い

ここでお話しするのは、以下の点である。

工場のレイアウトはある視点のみで検討すると、後で後悔することが多い

つまり様々な視点で考えたものを基にしたバランス感覚が重要なのである

例えば、物流効率中心で考えれば、生産効率が悪くなる

スパース中心で考えれば、日々の生産や運搬がやりづらい

このように、あちらを立てればこちらが立たないといった性格を持つものがレイアウトの面倒なことである

全ての要件を盛り込めば、広い工場が必要になり、今度は工場の利益を圧迫する

このような面が面倒なのである

これは自宅の建築の際でも同じで、内部の部屋のスペースを大きく取ろうとすると

ベランダが狭くなったり、建築費が嵩んだりする。

従って皆が満足するレイアウトを検討するには、皆が良いと思う複数のレイアウト案をまずは出し切る

その上で優先度を決め、トレードオフの調整をする

そして後で文句が出ないようにする

これしかない

難しいことではない

大切なのは話し合いである!

ビジネスの基本

令和の年を迎え、ビジネスの基本を整理してみた

まずは自分の姿勢

1.信用、信頼される会社(個人)になる

2.付加価値の基本となる技術力の蓄積に励む

3.働くことの美を認識する

次に周りへの姿勢

4.お客様を大切に思う

5.協業する企業、担当と同じ視点に立ち行動する

6.皆と頑張り、喜びを共有する

これは何もビジネスや個人のみではなく国の姿勢でも同じであろう

10連休を有意義に過ごしてますか?

10連休の皆様はいかがでしょうか

前半は雨が多く、後半は晴れの日が多くなりそうですね

この連休を利用して家族サービスも良し、仕事の準備も良し

体力増進もよし・・・いろいろとやることが多そうです

既設も一年のうちで一番良いようです

休み明けに元気に会いましょう

春の気候

春は気候が大きく変動する

10度になったり25度になったりで体調管理が重要である

さらに花粉症や黄砂の問題もあり毎日の強い風が恨めしい

またこの近所では田植えの前の毎日のような土の掘り起こしで砂ぼこりがひどい

さらにはあちこちで除草剤をまき散らす

おかげで外に出ると鼻も喉も痛い

重装備をしないと外出もままならない

耳鼻科に予約を入れようとしたら30分もしないうちに予約満杯でである

北海道にオフィスを移動した企業があるそうだが

自分もそうやりたい

桜の季節で穏やかな感じではあるが、

全く現実は違い、厳しい世界である

皆様も気を付けて!

入院をしてみて・・

この前1週間ほど入院してきた


ちょっとした手術で無事退院してきた


今では元気そのもので、むしろ入院前より体調が良くなった


入院中はカロリー計算されたものしか食べないのでダイエットになった


それにしても4人部屋で周りの人は苦しいそうであった


日頃余り認識していないが、入院すると健康のありがたみがすごく良く分かる


やはり日頃からの食生活、運動、仕事のバランスをとり


自分の体を客観的に見ることで、自分の体と仲良くしていくべきである


大事に使わなければもったいない


健康な体に生んでくれた両親に今更ながらに感謝である


無理をしない、適度なストレス、これが健康の秘訣か?


みなさんもくれぐれも大切に!

確定申告

昨日確定申告に行ってきた
昨年と同様雨の寒い一日であった
昨年までは椅子があったのに、今年から立って入力するようになった
腰の曲がった農家のおばあさんが来られていたが大丈夫だっただろうか
結構面倒な作業でこれを自宅で行うのはやはり難しい
国民の義務であるのでいくが
もっと簡単に出来ないものかと思う・・・

SDGs(持続可能な開発目標)

「持続可能な開発目標」(SDGs)を企業経営目標に盛り込んでいる企業が増えてきた
このSDGsでは17の目標がある
具体的には、貧困、飢餓、保健、教育、ジェンダー、水・衛生、エネルギー、経済成長と雇用、インフラ・産業・イノベーション、不平等、持続可能な都市、持続可能な生産と消費、気候変動、海洋資源、陸上資源、平和、実施手段となっている。
この中で企業として導入しやすいのが7番目のエネルギーである
工場などでは電気消費が多く、従来は発電し売電していたが、売電単価が安くなったことで、自家消費が主体になってくるという。
またSDGsの企業への導入指針としてSDG Compassで企業にとってのチャンスとリスク回避に使えることを強調している。そこでは、5つのステップに分け、理解・優先課題・目標・経営への統合・報告とコミュニケーションを行うようにしている。
一度参考にしてもらいたい。

レイアウト改善

2019年1月から日刊工業新聞社発行の工場管理に
10回にわたり「9つの視点から考える既存工場のレイアウト改善」
と題して工場のレイアウトの考え方、進め方の記事を連載します
既に1月号で全体の構成と基本的な考え方を載せてあります
2月号では構内物流・運搬面からの検討
3月号では労働生産性からの検討
4月号では設備生産性からの検討
5月号ではバランスアップからの検討
6月号ではリードタイム短縮面からの検討
7月号では在庫削減からの検討
8月号ではスペース削減面からの検討
9月号では新商品投入面からの検討
10月号では新工場での検討
このような構成で連載していきます
工場レイアウトとは、それだけで成り立つものではなく
上のような狙いを明確にして、それを実現するレイアウトとして整備しなければ
真に満足したレイアウトにならないということです
ぜひ一読してみてください
お役に立てると思います

在庫最適化のセミナー

2019年1月24日に新技術開発センターにて
「適正在庫の決め方と在庫削減のすすめ方」と題した
在庫管理に関する一日セミナー(有料)を実施します
毎年継続して実施しています
毎回色々な方に参加いただいています
製造業における在庫設定の考え方と管理のしかたを紹介します
興味ある方、悩んでいる方、一度整理しておきたい方々
参加を待っています

«日韓関係